新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンセンサス通り年率20%台の落ち込みにとどまれば、4-6月期は欧米ほど落ち込まないことになりますが、直近のPMIを見ると、日本の持ち直しが一番弱いです。
東京圏にいるとピンと来ないところもありますが、札幌の街中を歩くと、インバウンドがなくなった影響の大きさを感じます。
日本の内需ですが、雇用情勢が本格的に悪化して、ボーナスが減るのはこれからだと思います。
年金生活の裕福な高齢者の外出自粛が続くと、内需で支えるのも厳しくなるような感じを受けています。
怖いのはどこまで続くかわからないこと。経済活動を再開すれば感染が広がる。感染を止めるには経済を抑制する。優等生だったドイツやオーストラリアで、感染者が増えているのもまさしく同じ現象です。NEWNORMALに対応した働き方、個人の時間の使い方、これが今問われています。
4-6月期の実質GDPは民間シンクタンク12社による予測の平均値は年率27.0%減。
成長率なので、2019年の日本経済が弱かったことも考慮すべきでしょう。
スウェーデンはロックダウンも休校もせずに新型コロナを乗り切った

キャピタル・エコノミクスが発表した報告書によるとスウェーデンの経済はヨーロッパの中で影響が最も小さく 2020年度の第1四半期で経済成長した唯一の国だった

https://www.businessinsider.jp/post-217200

新型コロナの死者は肺炎の100分の1、インフルエンザの10分の1なので二種感染症から外し自粛をやめて「普通の肺炎」として扱った方が良い

新型コロナの死者は肺炎の100分の1
https://t.co/8nW0yXAqyi

日本の季節性インフルエンザは感染者数が1000万人で死亡者数は1万人
https://t.co/Tq2NjRMsOy

追記:

スウェーデンの第2四半期はたったの -8.6%

死者が日本の75倍のスペインでさえ -18%

Sweden’s economy shrank less than eurozone’s at height of pandemic https://www.ft.com/content/fdb6fbe4-4997-4f35-ba41-06ac2d6fd824

早く自粛をやめた方が良い