新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
広義のスマートシティの取り組みとして示唆に富む事例。

住宅の立地環境情報がデータベース化することで、保険という金融サービスの効率化につながり、消費者がより快適で負担の少ない生活を送れるようになる。

これからの変革の時代に、より規模の大きい価値変動を起こすためには、こうした産業の枠を超えた発想力が必要。
これはなかなか不動産業界にはインパクトがありそう。まずは法人向け保険にもということですが、住宅にももちろん今後反映されていくでしょう。
むしろ今まで連動していなかったのかい、というところですが、(融資などに比べると)保険料の審査は実に大雑把で、適正化されるのはいいことです。ハザード懸念地域が高くなるだけではなく、安全性の高い地域は安くなるようにすべき。
損害保険料は、耐震や免震など建物の構造によっても左右される訳であるから、地形や、自然災害リスクの大小を織り込んでいくのは自然な流れだと言える。その背景にはハザードマップ自体の整備や周辺データの蓄積がある。静かにそして急速に、データの時代がやってきている。
事後対応に翻弄されるより防災対策への注力を助長する流れ。中長期的にはハザードリスクを高める気候変動に対応する動きを経済合理性に基づき押し進めることに繋がっていくとよい。
今日の不動産株には直結する材料ではないものの、地域別で如実に影響しそう
そして、保険料は値上げされていく。