新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
気がつくと、休みをとらず長時間仕事をしていることもある。
それはそれで良しとして、オンオフをしっかり切り替えることで、健康も効率もあげられると思う。 窓の外をみる、食事をするなど五感に訴える行動は有効。
私はオンラインのヨガで
リモートワーク中のオンから急にリラックスモードに移るのは難しい。PC閉じて3分後に瞑想は難しい私。
違うことへの集中できもちをと徐々に切り替える。
火力ガンガン使う炒め料理や手の込んだ煮物など。
ご飯が炊き上がる頃にはオフモードです。
入浴も良さそう!
入社以来全てミックスが基本になっています。
ずっとどこかはON。
OFFになれるといいなとも思いますが、これはスポーツでもミュージシャンでも人による様に、
その人の「癖(へき)」と「性」かなと。
同じテレビ局でも、営業や経理だとまた違うのかもですが。 
子供といる時も、寝る時もずっとどこかスイッチON。

これは、「癖」なのでよいのですが、休校によるお母さんスイッチが常にONの方が相当大変でした。
家事の量やオンライン授業など、物理的にやることも増え。
(OFFというと語弊があるというか人手無し感が強いですが、子供を気にするという意味で。仕事と同時並行で)

そんな中唯一飛べるのがやや刺激強めドラマ。
長期戦とデザスター系=人間の戦いのため最新話まで脱落者もいる様ですが、ストレス発散にはやはり「ウォーキング•デッド」がおススメ!早く続き出して欲しいです。
自分の中での「通勤の代わりになる儀式」は着替えですね。

在宅勤務を始める前に外出できるような格好に着替える事で気持ちも切り替えてます。
気持ちだけでの切り替えは難しい部分もあるので、やる事は何でも良いと思うので、何か具体的な行動でオンオフのスイッチを切り替えると良さそうですね。
無理やり、以前と同じように「分離」することを考えること自体、無理があるのではないでしょうか?

「仕事」と「プライベート」を以前のように分離するのではなく、上手にブレンドするようなやり方を考えたいと個人的には考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
分離型ではなく融合型。オンラインでいつでもどこでも仕事が出来るできる時代わざわざ分ける必要性をあまり感じない。遊びながら仕事する、子供の面倒を見ながら仕事する。そういう時代に来てると思います。
融合させる選択を取りました。
ペットの文鳥にただいまって言ってます
Premiumを無料で体験
登録・ログイン