新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
内向的であろうと、結局、人は人と接しないことは過度のストレスとなってしまう
子供たちが学校に行けないストレスで、無意識に髪の毛をに抜いているという記事もあります

https://atussy.com/corona-stress-child-16103/

人間が普通の生活を送るためには他者との関わりが重要かが分かります

>>孤独になってしばらくは、内向的な人々は引きこもりになったように見えるかもしれない。だが、ストレスがあまりにも長い期間続いたり、あまりに強かったりすると、内向的なエネルギーを使い果たしてしまい、精神が反対の性格に「支配された」状態になってしまう。
内向的な人の場合、それは攻撃性や怒りのかたちで――ぎこちないかたちで外向的パーソナリティが出てくるわけだ。
いまディグラム社では
日本版のコロナ禍における性格の変化調査を
しております。

これからの時代。
自分を知る事はとても大事です。

ディグラム性格診断オンライン講座始めます。
ご興味のある方は是非。

https://digram-shindan.com/lectureship/
転職時などでは自分の性格と職場のマッチングについて考えることが多いですね。これまで対面式のリアルな世界では職場の雰囲気やカルチャーが分かるような取組や社員の声などを見聞きし、自分の性格やワークスタイルに職場が合うかどうかを判断していたと思います。

オンライン化が進んだ場合ではコミュニケーションとツールを確認したい。例えばチャットツールやオンラインツールはどう使われているか、集中や内省する時間は取れるのか、クイックに何かを解決したいケースではどんな方法でコミュニケーションを取っているかなど、日常的なコミュニケーションとその方法を確認することで、自分の性格とマッチしているかどうか推察できると思います。
「ロックダウン」という特殊な環境下において、自分が「適応している」のか「単に我慢している」のかを正しく判断することが大事ですよね。

「適応している」のであれば、その状態が継続しても問題ないですが、「単に我慢している」のだとしたら、それが継続すると、大きなストレスや破綻につながってしまいます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
> 極度のストレス下では、逆の性格タイプが顔を出す
これは真実。だから難しい。単調な生活が好きでも単調すぎたらつまらなくなる。逆に変化を楽しんでいた人は単調さの良さに気づくかもしれない。
結局、何事も極端になってはいけないということですね。
僕は家で仕事をする時、椅子と音を頻繁に変えます。耳栓して無音にすることもあれば音楽を聴くこともあるし、生活音そのままにすることもある。椅子もオフィスチェア、座椅子、スツール、ソファと定期的に変えています。
こういう選択肢を持つと、単調でいたければ変えなければいいし、単調さに飽きたら変えるという自由が生まれます。
関連記事一覧
コロナで就活どうなる? 影響が大きいのは”○○型”の学生
NHKニュース
710Picks

環境は変われど、本質は変わらない。年収1億超のサラリーマン・motoが語った「コロナ時代のキャリア論」
Forbes JAPAN
610Picks

転職初日から在宅勤務、コロナ時代のオンボーディングの秘訣
Bloomberg Businessweek
257Picks

大学生の就職内定率69.8% 7.0ポイント減、コロナ影響
共同通信
246Picks

「在宅勤務定着を」56% コロナで管理職は労働時間増
日本経済新聞
223Picks

女子高校生の自由研究が数学コンクールで優秀賞「コロナ対策何もしなかったら感染者数は何人?」を計算
メーテレ
49Picks

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!
ラグジュアリー体験の入り口メディア
31Picks

コロナ時代こそ、めちゃくちゃ好きなことに熱中せよ!「オンライン大保護者会」に約2千名が参加
LoveTechMedia - ラブテックメディア
30Picks

脱東京組が海・山・文化を求め鎌倉移住 しかしコロナが収束すれば都心回帰の目線が芽生える?
FNNプライムオンライン
22Picks

不確実な「コロナ時代」を生き抜くには、徹底的に“悲観的”であれ | スイス人哲学者アラン・ド・ボトンが提言
クーリエ・ジャポン
16Picks