新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは目の付け所がさすがのシャープ!

成果宅配の目的がかかれていますが、ガジェオタの私としては「冷やしすぎないスマホ冷却装置」としての利用用途が浮かびました。

ハードなゲームをやっているとスマホが熱くなります。最近のスマホは防水機能搭載の代わりに放熱がしづらくなっています。保冷剤で冷却したくなりますが、急激な冷却はスマホ内部に結露が発生する可能性があり、危険です。
→12℃の氷が解決してくれないかな
TEKIONテクノロジー
https://jp.sharp/tekion/explanation/

良い発想ですね。冷やしたいが凍らせたくないものとかもありますし、適当な低温で維持できるのは有用かと思います。
性能は、すばらしいの一言です!但し、コストが気になります。

これが、通常+αくらいのコストであれば文句なしですが…倍もするのであれば、せっかく、すばらしい性能でも活用は困難でしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
すごーっ!たった一つの新製品で省エネ、時短そして青果の品質維持まで実現!1つで3役!
パルシステムとシャープのどちらから持ちかけたのかわかりませんが、提案力次第で無限の可能性がありますな。製造業は提案力でまだまだ伸びる!
確かに野菜は冷やし過ぎてしまうと痛みますもんね。
12度まで溶けない氷。面白いですね、成果の宅配以外に使い道がありそうです。
液晶の「温度」への転用。面白い。野菜やワインなど適温を保ちたいものは結構ありますもんね。もう運用しているということは、コストも見合うのか。
シャープのニュースリリースにある「氷」の表現は、分かりやすく伝えるための例えなのかな。水ベースの適温蓄冷剤といった感じ。

Engadgetの記事にある画像の出処はどこなんだろう。シャープとパルシステムのリリースでは見つけられなかった。
シャープのリリースで「氷」を検索すると1回しか使われていない。「適温蓄冷剤」は16回使われている。シャープとしては、「氷」よりも「適温蓄冷材」と呼んで欲しいのかも。
これはめちゃくちゃ気になる!!
シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
7,204 億円

業績