新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国は、米国が南シナ海に以前にも増して軍事プレゼンスを展開し、台湾防衛にも積極的な姿勢を示していることに対して、より強いけん制をかけようというのでしょう。
中国は、台湾統一を諦めることはありませんし、自国の防衛上、南シナ海のコントロールを緩めることもありません。米国と中国は、マウンティングの取り合いをしているとも言えます。どちらが優勢か、どちらが強いのか、どちらの決意が固いのかを示し合っているのです。
中国の、実力を背景とした現状変更に異を唱えるのであれば、中国に対して米国側も実力を示し、「できない」ことを理解させるしかありません。中国にとって、台湾統一は中国の当然の権利であり、南シナ海の支配は自国防衛のために必要不可欠なのです。中国に、自らの行動が間違っていると認識させることはできません。