新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バイトダンス社はTikTok事業の徹底的なローカライズを進めてきました。
つまり、日本のTikTokもアメリカのTikTokもそれぞれの国でサービスやUI/UXが異なりますし、それぞれの進化を遂げています。
中国国内は抖音(Douyin)というブランド名で展開していますが、中国国内で十分エコシステム構築を進めるだけのユーザーベースを抱えているため、アリババ勢やテンセント勢との熾烈な戦いになりながらも、中国ドメインでのさらなる成長とBtoB領域も含めたエコシステム化を進めていくでしょう。

「中国企業のグローバル化」という観点でバイトダンス社は先行していただけに、政治的な側面でアメリカ事業やその他グローバルで苦戦を強いられることは、「アジア企業が世界覇権を取れるのか」という視点でも大きな意味を持つと思います。

本件の着地は結果が出るまで静観が良いと思いますが、世界一のユニコーン企業の今後の戦略や対応に目が離せません。
早速ナデラとトランプが電話で話して、9月15日まで交渉が進められるよう。ビッグ5で唯一下院の公聴会を免れ、トランプ政権と連携して莫大な手元キャッシュの有効活用に邁進するマイクロソフトは、史上初の時価総額2兆ドルの最有力 #米株 #マイクロソフト
政治的の色の極めて強い本案件ですが、企業や事業の未来を見据えた際に本当に最適な株主構成や買収価格となるか(買い手がどういった事業シナジーを効かせていくかも重要ですし、買収価格も買収後の経営への負荷を考えると適切なところに落ち着かせないと、あとで苦労する自体になり兼ねないので)、興味深いところです。
本件は毎時間のように右に左にと報道が揺れているがラストミニッツまで分からないだろう。昨日コメントしたように https://newspicks.com/news/5116355?ref=user_143212 MSが買うならトランプ政権との事業継続に対する合意とセットであるはず。それでいくかファーウェイと同じ禁輸法で完全締め出しか、大詰めの検討中にある。
TikTokはUSだけ切り離されるのだろうか。TikTokの良さは言葉が少ないダンスや口パク動画だけに、世界からコンテンツを集められるのが強みと思っていたので。
メディアでは連日TikTokを巡る報道が続き、同社は悪化する米中関係において試練に直面している。

現時点では二つの可能性が考えられるだろうか。一つはトランプ政権によってTikTokの米国での利用が禁止される。

もう一つはマイクロソフト社のような米企業に買収され、それによってTikTokアプリを使用するミレニアル世代から米企業が恩恵を受けることだ。
TikTokを買ってやろうという日本企業が出ないのは残念。
見てるだけの日本。
世界とつながっていることが重要なのに、部門ごとに分けてしまって意味があるのでしょうか?
それより、ちゃんと切り分けられるのかも疑問です。
中国に入れないGoogleやFacebookも切り分けたら大丈夫になるのでしょうか?
アメリカがどんな判断をするのか興味があります。
政治の問題とか政治色の強い案件などととらえている方が多いのですが、これは安全保障の問題であり、今後の世界構造の問題です。中国企業にはいつでも個人情報を含めあらゆる情報の提出を強制できる中国独裁政権の世界覇権の野望と、自由、民主、人道、人権を重視する国際社会の対立構造の一つの側面だととらえるべきです。少なくとも米国では共和党も民主党も中国に対する警戒感では一致しているので、大統領が変ろうともこの流れは変わりません。
中国をこれまでと同じようなビジネスの対象として期待していると、大きなリスクを抱え込むことになります。時代は中国対国際社会という武力とデジタルを主戦場とした冷戦に既に移行しています。
マイクロソフトが買収するとなると、現在開発注目のマイクロソフトのMobile端末事業がどうなるのか特に注目です。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
166 兆円

業績