新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンラインでの販売が機能している、ということですね。
こちらの記事に詳しいです。
https://response.jp/article/2020/05/29/335081.html
アメリカの自動車販売全体としては回復基調はあるものの、厳しい情勢にはなっています。
https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/07/1907629e2c866662.html
テスラのターゲットを考えるとスマートロックを用いた有償のカーシェアで体験してもらい、購入につなげることができれば十分なのかもしれない。トヨタ車などではそうはいかないと思いますが。
値引きと揉み手が得意だった日本の販売現場は、大きな変革が求められるでしょうね。オンライン販売はテスラ以外のブランドでも取り入れているようです
少しだけ補足。
テスラは販売店にクルマを卸す販売形態では無く、オンライン含めたダイレクト販売。

ただし、試乗等が行えるテスラ直営のショールームはありますので、念のため。
少し前までは高価な買い物は見ないで買うことは無いと思っていましたが、今は車でも実物を見ないでオンラインで買う時代ですね。
むしろ、自分の目だけで買うよりも、オンラインで情報をたくさん仕入れたほうが、正しい買い物ができます。
今回の新型コロナウイルスの影響で買い物の仕方も大きく変わりそうです。
これをきっかけに、一度試みたすべてのオンライン販売を目指すと言う動きもありかもしれない。
テスラは、販売・メインテナンス効率が非常に良いです。

納車日までテスラ・ジャパンのスタッフに会わずに買えます。

点検はオンライン予約
修理はリモートもしくは出張。

EVなのでエンジンオイル交換無しです。交換は、
・タイヤ(2年以上経ってもまだ山は十分あります)
・ワイパープレード
くらい。ブレーキパッドも回生ブレーキと併用なので減りにくい。

また、余計な広告宣伝費を掛けていません。(マスコミが宣伝している。)

更に言えば、所有コストも安い。
任意保険は1千万超のテスラでも1300ccの小型車程度。
月の充電コストは走り方っ走行距離にも寄りますが、月数千キロ走る位ならテスラカードで1万円以下。
最近の車はデザイン性も機能性もどの車に乗っても間違いない水準に達していると思います。

そんな中、必要なことはその車に込められた想いや機能をもれなく正確に伝えることができるかどうか。
その点でいうとオフラインでの人間より、オンラインに軍配が上がる気がします。
製品が明確に差別化されていること、商品構成がシンプルであること、そして各種Newsや口コミを経て既に購買意欲が高まっている状態であること、これら要件が満たされればハイエンド商品であってもオンライン販売は機能する、と理解。
新型コロナウイルスの影響で、リアルの店舗での購入よりネットを通じた自動車購入が増えているとのこと。
自動車をネットで買うという心的ハードルが個人的にはありますが、今後は日本でも増えていくのだろうと思います。
時価総額
93.4 兆円

業績