新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今までの4Gとまったく同じ性能であっても、5Gと呼べるので実際中身がわからず混乱しますね。

産業分野での活用に向けたローカル5Gとの政策との矛盾も感じられ、返って5Gの促進が遅れる可能性もあります。また、5Gの基地局配備を準備してきた通信キャリアも足元をすくわれる可能性もあります。

ローカル5Gは、キャリアと同等の周波数帯(サブ6とミリ波)を民間に開放して競争を促進させる総務省のアイデアです。ここに、キャリアしかもっていない4G周波数帯を開放すると、キャリア5Gが有利に傾き、競争条件が公平でなくなります。

そのため、現在専門家の間でも意見がわかれる施策となっています。特にNTTドコモが慎重姿勢、SBは前向きです。

【追記】
ドコモが慎重になっている理由。「有利誤認」を防ぎたいという意図。4Gと同じ性能のときは、5Gと呼ばなくてもいいのではないかということ。
5Gは性能を維持しつつゆっくり普及すればいいだけで、誤認させてしまうことを気にしていることになります。
参考まで:https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-27-4g-5g.html
通信速度は4Gの水準になるが、超低遅延や多数同時接続が活かせる。5Gの魅力はむしろそちらと思うので、省令改正での早期の普及を期待します。
低遅延や多数同時接続が活かせるといっても、まだモノがないのであと数年はかかるので、まさにこれからですね。
SFの世界を実現させるには、通信料金が限りなく0円に近くなる必要があるのですが、どこまで踏み込んでいくのかに注目です。
まさに朝三暮四ですね…「名ばかりの5G」になってしまうと、「4Gの性能に5Gの料金」を請求されても、そうなっていることすら気づけません…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
既に3月から日本でも5Gのサービスが始まっていますが、利用できるのは東京や大阪などの一部の地域に限られている状況。そこで総務省は今後、「4Gで使っている周波数でも5Gのサービスが提供できるよう、今月下旬にも省令改正を行う方針」とのこと。
基地局に課題とも言われています。まあまずは計画通りこの方向性です。3Gが少しずつ4Gになった時を思い出して
4Gを使い続けると、帯域を減らされて遅くなりそうってのは、わかった
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア