新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大学教育をどうするべきか。日本の大学の学びのあり方についてはこれまでも多くの賛否両論があった。しかしコロナ禍でオンライン授業に切り替えざるを得なくなり、実質的な転換が迫られている。
一方的な講義で90分画面を見つめるのは学生にとっても苦痛だろう。私だったら寝てしまう。
講義というのは本質的にはそのライブ感や、双方向的やり取りがいつでも発生しうる(=話者に自分も見られている)という、ある程度の「緊張感」によって成り立つものなのだ。
だからこそオンラインの授業は、双方向インタラクションだとうまくいくし、そうでないと相当難しいというのが実感である。したがって少人数のゼミや演習の授業などは良い感じで進行する。これはオンラインでも自分の「参加」が学生にも意識されているからだ。
そうするとこれまで一方的な講義形式で行われてきた授業のやり方を変えざるを得なくなる。特に大人数になると多くの工夫が求められ、大学教員たちは授業準備のために普段の数倍の労力を使って疲弊したという感想を漏らしている。
アメリカの大学ではよく学生が勉強するといわれている。コロナ以前の話にはなるが、大教室での授業は「ライブ」として存在する一方で、その授業の前後には少人数グループに分けての予習や復習にあたるセッションが設けられることがある。ここでは大学院生のティーチング・アシスタント(TA)が活躍する。彼らもそこで教育の現場の実質的な経験を積むことになる。また、学生は講義を一方的なものとは受け取らず、常にアウトプットを求められていることを自覚していく。
しかしこれと同じことを求められても困るという大学は多数であろう。TAを担当できる大学院生がいない大学も多いし、負担が増加すれば教員個人のパフォーマンスも低下する。このあたりのバランスをどのように確保するのかが、大学マネジメントでも問われているのではないだろうか。

こちらの記事も参考に: https://newspicks.com/news/5119212
京産大の件を考えると、ホントに二の足を踏むんだと思う。

ただ、教員も学生も大変なのであるが、学びの源泉は講義だけではなくて、講義の内容を教えあったり、課題やレポートをグループでやったりということのほうが大きい。オンライン(Zoomやオンデマンド)のメリットもデメリットもあるが、コミュニケーションの総量として、減ってしまっていることが問題かと思う。特に、大学内での人的資本が皆無な1年生にはそれが顕著。
メリケンでは、9月からがこの状況なので、新入生のリアクションに注目していますよ、 宿題は前から多いですが

「今年大学に合格した新入生に至っては、入学試験のとき以来、一度も大学に足を踏み入れていない学生がほとんどだ。」
小中高と異なり、学生数が多くコントロールも効かない大学は多くが閉鎖状態にある。授業はオンラインで提供できても、部活その他のキャンパスライフに代わるサービスは提供できていない。これが長期化すれば、大学の対応に差が出るだけでなく、大学自体の存在意義が問われます。大学を横断する対策が必要。
大学も役所的な面もあり、リスクや批判を避けたがる。教員も学生も、くるのが億劫になる。しかし、それは、大学の否定になる。理系は、実験もあり、そういうわけにはいかない。MOTも同様。3密を避け、ハイブリッド講義を実験している。一番難しいのは、音響。
このツィートを見て、『今年の新入生は特に辛いな』と実感しました。これだと大学に入った意味合い考えちゃうよね…。

https://mobile.twitter.com/D6Hy1q0FQJuxtPO/status/1284137078914076673
大学がオンラインだけなら、学費を払ってる意味合いが薄れていきそう。適切な対策をとりながら、戻していかないといけないような気がする。