新着Pick
1638Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
運動習慣とは話が少し逸れますが、トップアスリートが必ずもっているものが、「日常性」だと思っています。以前に配信した、川口能活さんと青砥さんの対談のなかでも「1年の計はあまり意味がない」というお話しがありましたが、日々あるべきビジョンについて意識していること=つまり日常性は人を組織を、強くします。

たとえばサッカーでいうと鹿島アントラーズ。なぜか勝つ理由は日常にある、とOBの岩政大樹さんが常々おっしゃいます。

広島カープの鈴木誠也さんは、野球が好きでいつも明日の打席を考えてる、と言います。これも同じです。

アスリートがよく言う「負けず嫌い」も日常性があります。

どんな分野でも日常性があると大きく変わる。組織も人も、です。そう考えていくと、環境を変えるということは日常を変えることになる。などなど、色々なことが見えてきます。

>アスリートは、きついトレーニングであっても「日常」に組み込まれているから続けることができる。その日常化ができればできるほど、その分野で抜けた人物になることができると言えます。
私の場合は、ですが運動にしても、読書や勉強にしても、Googleカレンダーに書いてしまうことです。

「時間があるときに」だと、結局忙しくて後回しになってしまいます。けど、カレンダーに書き込み、その時間に予定が入らないようにしておくと、できます。もちろん、それでも仕事が忙しかったりやる気が出なかったりしたらやめればよいだけ。当然、「毎日やる」みたいなものは、この記事にあるように入れないほうがよいです。
「ニューノーマル」において新しい運動習慣の確立が課題となっているようです。

私は、エアロバイクpelotonを使って自宅で運動しています。また、バーチャルで参加できるハーフマラソン大会に登録したので目標を持って運動するのもモチベーション維持に繋がりますね。

普段の勉強法と同じようにライフスタイルやワークスタイルに合わせて運動習慣を継続していくことは、とても大事ではないかと考えています。

そのためにも、色々なデバイスを使って自分の運動内容やパフォーマンスをデータ化することをオススメします。
なるほど。

『コンフォート』と『インセンティブ』
「ニューノーマル」における「運動」の在り方は、いかに日常のなかに組み込むかが重要
100km走3か月目、今月進捗30㎞です。
コロナ起因で運動不足になったというより、コロナのおかげで在宅勤務日ができて走れるようになりました。

続くコツ(今のところ):

■仲間を作る
近隣(各国)にラン仲間がいて、進捗をチェックされます。
進捗が遅いと「皆さんの記録が伸びていないのは僕のリーダーシップが足りてないからでしょうか?」とリーダーがプレッシャーをかけてきますw
(リーダーは100マイル=160㎞目標)
皇居を走ってた頃は、各々自由に走って終わったらシャワーを浴びて飲み屋に集合、が基本パターンでした(ビールのために走る←インセンティブ?)。

■ギアを試す
新しいトレーニングウェアやシューズでモチベーションを上げがちです。
(でも↑のリーダーには「トレーニングはアンダーアーマー、ランニングはアシックス以外は認めません」と言われました。アシックス様にはお世話になっているがしかし…)

■コンフォート?
この国に来てからとにかく運動不足に悩まされている(車通勤、空気悪い、歩道無い)ので、走るとコンフォータブルというより走らないとディスコンフォータブル、という感じです。平日走らない日の平均歩数2000歩・・・
「日常化への目安は3週間(続けられるかどうか)」と言うのは、良く分かります。3週間筋トレやランニングを続けると、やらないと、逆に気持ちが悪くなってきます。

一方で「その3週間が超えられない」という人も多いかもしれませんが、実はちょっとした工夫で乗り越えられます。ランニングであれば、桜の花が蕾をつけ始める頃にランニングを始めて、目的地やコース上に桜が見られる場所を含めて、毎日桜の変化を見ることをランニングの副次的な目標に加えれば、自然と走るのが楽しくなってきます。ランニングしながら、オリエンテーリングの感覚で、食べログで高評価なお店をチェックしながら走る、コークオンの自販機を探しながら走るいうのもあるかもしれません。

ちょっとした工夫で、毎日が楽しくなり、同時に体力作りも可能です。楽しいと感じられると、自然と口角も上がり、表情も柔らかくなり、対人関係にも良い効果があると思います。
運動に限らず、とても面白い。
プロフェッショナルにとっては「日常」だから、というのが考えれば当たり前だが改めて言われると確かに。だから日常になっていること、日常にしたいことは人生の選択として重要だし、仕事であっても趣味であってもそのためにやることは自分にどういうご褒美があるかとか含めて妄想力。逆に、いくら妄想しても日常に組み込みたいと思えないものを続けることは快適ではないし、色々な変え時を示唆しているのかもしれない。
杉本龍勇さんの記事のコメントで書くのも恐縮ですが、ダイエットの相談をされると、目標設定についてよく話しあいました。
あとはトレーニングそのものが楽しいということがとても重要。
格闘技をしていた頃、いわゆる「運動神経」がなくても、楽しさにのめり込んで、プロ級の腕前や体型になっていく人たちをたくさんみました。
のめりこむこと自体が才能ですね。
習慣として定着されるために必要な時間について、この記事では「まず3週間」と書かれていますが、私も、そう思います。

そして、定着させるには「3ヶ月」かかると経験的に学んでいます。

そのあたりがnoteでまとめてあるので、ご興味ある方はご覧ください。

3ヶ月で「変革体質」になる方法
https://note.com/manji_insights/n/n605fd84fdcdb

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
運動が続く人は大きな目標があって、それに向かって積み上げないトレーニングをするという話でしたが、
これが通用する時点でかなり意識が高い人だと思いました。
モチベーションが上がるまでトレーニングしない、という話もありましたがずっと上がらない人もいる。

そんな人たちのためにジムがあって、予約してるからキャンセルしづらいという後ろめたさからジムに行ってみる。
行ってみると楽しい、という空間づくりをb-monsterは作れるようにしています。
辛かったトレーニング時間を楽しい45分に。痩せるために通うというよりも、楽しいから通っていたら痩せた、というように!