新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
メンタルトレーニングでよくあります。

「それは、誰がおっしゃったことですか?」
とクライアントに伺うと、
「いや、べつに言われたわけじゃないんですけどね」
とお答えになったりします。

その他にも
「それは本当でしょうか。具体例教えて頂けますか?」
「えーと、それでは事実を順番に確認していきましょう」

と伝えて一緒にワークをしていたりすると、大体30分ぐらいして、「もしかしてこれって自分の頭の中だけで思ってたに過ぎないんでしょうか」とご自身で気づかれる事はよくあります。

自分自身が1人の時に色々と妄想し始めたり不安になったりする時、自問自答はよくやります。
「オッカムの剃刀」ですね・・・。

必要が無いなら多くのものを定立してはならない。

単に気づかなかった相手に対し、「もしかして彼は私を嫌っていて無視したのではないか?」などと考え出したらキリがありません。
人は決めつけたり思い込みを持ったり前提を置いたりすることで楽をしていると思います。

なので、誰が言った?もそうですが、事実なのか?自分で確かめたのか?も有効な問いと感じます。

が、この問いをクセづけするには、実際、自分の決めつけで確かめてみたら違った、という経験をすることが必要です。

一度でもそういう経験をすると、自分の考えを疑えるようになると考えます。
「客観的に自分を見つめる」
強い不安に襲われているときや、怒りがこみ上げるときは相当意識しないと主観的な視点だけになってしまいがち。意識すると良さそうです。