新着Pick

ひょっとして死ンデレラ

cakes(ケイクス)
世の女性たちがなんとなく共有する、「ニッポンのおじさん」へのファジーな嫌悪感の正体に迫る本連載。今回は、社会に収まりきれず自由に動き回る、角幡唯介氏と安田純平氏について。彼らの生き方をヒントに、「死」を合理的に考えるアタマの良い若者、そして意味のあるものしか認めなくなりつつある社会について考えます。
1Pick
Pick に失敗しました