新着Pick

強いメンタルを手に入れたいなら、今すぐ止めるべき自分自身への7つのウソ

Business Insider Japan
自分が自分に言うことの多くは、本当のことではない。何年もかけて、不健全な考えを受け入れてしまっている可能性は十分にある。 心理療法の世界では、これを「認知の歪み」と呼んでいる。わたしたちは皆、これを持っている。自分についているこうしたウソを認識し、それをより健全で、より現実的な考えと置き換えることを...
1844Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「メンタルの強さ」とは何を意味するのでしょうか?人間の精神は「強さ、弱さ」とう尺度で計ることができるような単純な性質のものではありません。

人間の精神についてのこのような極度に単純化された還元主義的な概念に基づく自己啓発手法はもはや一大ビジネスになっている感がありますが、このような手法では「自分自身へのウソ」を他人から与えられた別の「ウソ」で塗り替える結果になるだけです。そもそもこのような自己啓発にすぐに飛びつきたくなる気持ちにも、きっと何か深い理由があるはずです。

記事の内容は認知行動療法的な理論に基づいていますが、人間の精神は考え方や行動を変えればすぐに変容するような単純なものではありません。そのため、認知行動療法的なアプローチには限界があります。

なぜなら、人間の思考や行動、感情の多くは無意識下にある過去の体験の記憶の総和に規定されているからです。特定の考え方や行動のパターンを身につけるに至った根本原因を、記憶の奥底にある幼児期までに至る過去の体験に遡って特定しない限り、考え方や行動を根本的に変えることは困難です。
ほぼ鈍感力だが、鈍感でありコンディション悪くなる情報を遮断するのも、よい側面をみるのも意志の力。

そうしたよい側面をみてハッピーに過ごしている人が周りにいるな否かにえいきされると思う。

人とは反響する生き物。だから悪影響をうける人との関係を断ち、好影響を受ける人との関係を大事にするしかない。
強いメンタルのある人ほど嘘をつくし、それが平気だし、嘘ついたことで罪悪感なんて感じないし、嘘を自分が言ったことすら忘れるし、しまいには、自分のついた嘘を現実で実現していたりする。
嘘っていうけど、それもひとつの自己暗示。
他人と他人を比較することは好きなんだけど、
自分を含めて比較されることは嫌い。

というよりは他の件で比較すると理解しやすいからそうするんだけど、自分が関わることで比較されるとわかりやすい結果がでそうだから嫌い。

そんなふうな人間が持つ、自分が自分を誤魔化す術を、うまく置き換えよう、ということ。メンタルヘルスっていう学問なのかな?大切大切。

【認知の歪みと呼ばれるものを誰しもが持っている。自分についているウソを認識し、それをより健全で、より現実的な考えと置き換えることを学ぶことが、強いメンタルを作る上では重要だ。】
思考のクセを変えるのは難しいと思いますが、そこを変えると劇的に楽になるのも事実。良いメンターがそばにいるのも必要かもしれませんね
どのシチュエーションで考えるかにもよりますが、環境変えて、自分を省みて、マインドフルネスする。あとは、強者になって、なにしたいかにもよるので、一度折って強くなることも大切。
メンタルなんて弱いもの。たまに風邪ひきます。「強いメンタルを手に入れたい」と思う人が逆に怖い。
3.5.7は同意できないかな