新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
様々な学び方があるのは良いことだと思います。

そんな中で、例えばAI技術など理系の技術分野を学びたいのであれば大学院も有効な選択肢の一つだと思います。

例えばですが、私の研究室は30人くらい一緒に研究するメンバーがいて、それぞれが最先端の研究をやっているので教科書や論文に書いていない最新技術やノウハウがすぐに共有されます。さらに、他のグループから発表された最新情報もSlackや勉強会ですぐに紹介されます。1人で勉強しているとほぼ間違いなくハマる「落とし穴」もみんな経験者なので「あー、こことそこに落とし穴があるよ」って教えてもらえます。プレゼン技術など、一人では習得できない技術も身につけられます。卒業してもお互いに情報交換や会社間連携、転職で人脈が活かせます。
大学院に進み博士をとったことで人生変わりました。
 大学院は出会いの場だと思います。私は博士論文を書いた時、本当に苦労しましたが、指導教授の井関先生と主査になってくれた加藤寛先生との会話は、人生最大に楽しく勉強した時間だったと思います。二人は気づくというプロセスを教えてくれたと思います。その度に、第二指導教授の熊沢先生と延々と話をしました。それでも、まだ一人ではできなくて、博士をすでに持っている親友に色々と聞き教えてもらいました。そこまで悩まないとできない質問があるんです。その後、あの時、加藤先生が言っていた意味、井関先生の言っていた意味を数年かけて気がついていく感じです。宝物の時間です。
 聞いてわかることと、書くこととは全く違います。
 勉強したいと思った時、大学院へ進学できることは、今の時代らしい素晴らしいことだと思います。
 勉強したい先生を探すことは、とても重要だと思います。
大学院もピンからキリがあるし、教授の「教える力」はあまり期待できません。

「教育力」が重視されるネット授業の方が、教育水準は高いのではないでしょうか?

もっとも、「修士」等の学位を取得するのが目的であれば、文科省お墨付きの大学院に行かなければなりませんが・・・。
テレワークが浸透すると、学び始める社会人はますます増えそう。個人的にも興味ありです。何を学ぶのがいいかなぁ…
この社会で女性が家庭を抱えて、給料を上げるには既存組織での評価の向上は難しい。となると国家資格へ、と流れる理由は痛いほどわかります。
働きながら学ぶ、そんな社会人の方が増えたという記事。
ただ、一切学ばない方もいるため差が歴然としているのも事実である。

同じ仕事環境でも学ぼうとする意識のある人とない人の差は何なんだろう…。
MOOC(JMOOC,gacco)なども非常に便利であるし、「求めよ、さらば与えられん」という世界はやっぱり楽しいですよね。
たまにモチベーションに体が追い付かないことがありますが、毎日刺激的で楽しいです。
〉実務は短期の現状分析が主ですが、アカデミックの世界は『そもそも』論を重要視し、既存研究を踏まえた重厚な分析をする。両方体験したことで、実務とアカデミックを結びつけ社会に貢献したいと思うようになりました

私も大学院に通っていますが、このコメントはまさにそのとおりです。
実務と学術では頭の使い方が似ているようでいて異なります。実務に通じていても学術では全く歯が立たないこともあります。
大学院のプログラムで学術論文への向き合い方(時に対峙)を身に付けていくことで、本質への理解とともに謎や未知の世界が拓けます。

大学院選びは分野や通いやすさに加えて、教授陣もポイントになるかと思います。実績や研究業績を今も出している先生につくことで、最先端に触れることができます。
活かせるかどうかは最終的な本人次第ですが。

なにを学び、探求したいのか、誰に師事したいか、あたりが不明確ならやめたほうがよいかな。
分野にもよるけど、学んだことの大半は10年程度で古くなる。僕がバイオ系大学を卒業した時はクリスパーが出たてで、知識としては知っているけど実験では扱ったことがない。ところが最近はクリスパーの次の遺伝子編集技術が登場している。
今はマーケ分野にいますが、仮にバイオ系に戻るならアップデートは必須。

アカデミック分野もビジネス分野で役立つ効果的な内容を、ビジネスパーソンでも学べる効率的なカリキュラムにする変化が必要ですね。
関連記事一覧
人事総務に聞いた「従業員の離職理由」 3位は職場環境、2位はキャリアチェンジ、1位は
ITmedia ビジネスオンライン
573Picks

リモートワークは「効率下がった」が7割 あなたは“時間泥棒”な上司ではないですか?
FNNプライムオンライン
268Picks

あなたが「いい人」をやめて本当の自分を生きる方法
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
148Picks

日本社会は「助け合いにあふれている」と考える人は2%。20〜30代男性4割は助け合いに拒否感も
Business Insider Japan
39Picks

「“怒られないように”で結果が出た人、います?」岸田奈美が“自分に甘い環境に行け”と語る理由
新R25
33Picks

「長い労働時間」は、経営者の怠慢の証。
Books&Apps
26Picks

なぜ、あの人は仕事が舞い込んでくるのか?その特徴を考える。【フリーランス、副業、ビジネス、マーケティング】
山印社|定額制(サブスクリプション型)Webサイト・ホームページ制作サービス
21Picks

勉強して結果を出せる人と出せない人の「意外な違い」とは - News&Analysis
Diamond Online
8Picks

仕事は頭を使ってすべきものでない――ひろゆきが語る『なまけもの時間術』
GetNavi web ゲットナビ
8Picks

テレワークで「冷たい人」と勘違いされる“チャットの地雷” 稲員未来(いなかず・みく)
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
6Picks