新着Pick
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『「マスクを着用せずに白い目で見られたくない」というのも、「感染者なのかと思われる」というのも、「他人の目を気にする」、言い方を変えれば、「他人がどう思うかが自分の嬉しさに影響を与える」、ということである。』
ゲームの理論に滅茶苦茶詳しいわけではないないけど、こんな話も一つの事例にあたるのか (・・?
GOTOトラベルを使って旅行に行ったら+10の満足が得られます。旅行に行って他人から白い目で見られたら▲10の後悔が残ります。感染が怖くて自主的に旅行を思い止まった時は▲1の不満です。
世の中にAさんとBさんの二人の人しかいないと仮定して、AさんもBさんも旅行に行けば共に+10の満足が得られます。共に自粛すればどちらも▲1の不満です。この二つは共に他に移らない安定した状態で、ゲームの理論ではナッシュ均衡と呼ぶようです。
もし、旅行好きなAさんは旅行に行くが自粛派のBさんは旅行に行かず、BさんがAさんを白い目で見たらどうでしょう。Aさんには▲10の不満が生じ、Bさんは▲1の不満です。BさんとAさんの立場が逆ならAさんは▲1、Bさんは▲10の不満で同じことが起こります。これは不安定な状態で、共に+10の状態か、共に▲1の状態に移った方が、全体として効用は増えるはず。Aさん、Bさんを自粛懐疑派と自粛派の国民に当てはめてもこの話はなりたちそう。
政府がGOTOキャンペーンで旅行を勧める一方で、メディアや専門家や知事、それに押されて担当大臣までが移動自粛を呼びかける状況は、+10の側で均衡させたいのか▲1の側で均衡させたいのかさっぱり分からない状態で、たぶん国民は混乱するばかり。
致死率が極めて低いにも拘わらず国民が恐怖にすくんで▲1の側のナッシュ均衡に陥ったら、理論的な安定状態にあるだけにそこから脱出するのは容易なことではありません。本当に危険なウイルスなのかGOTOキャンペーンをして差し支えない程度のものなのか、きちんとしたデータに基づいてコンセンサスを作らなければならない状況にあると考える所以です。
あ、半世紀近く前にORを学んだ私にこんな例は作れません。今日のNPにあった記事から拝借してのデフォルメです。私の解釈が間違ってなければ良いけれど (^^;
https://newspicks.com/news/5114231?ref=user_1228737
最も単純なゲーム理論は、「相手の最適戦略」を想定して自分の戦略を立てることです。

「囚人のジレンマ」だと、相手にとって「自白」が最適戦略です。
相手が「自白」という選択肢をとる以上、自分にとっての最適戦略は「(自分も)自白する」ということになります。

ナッシュ均衡は、双方が「自白する」ということに落ち着きます。

ゲーム理論は、他者の動きを想定して自分の戦略を決めるもの。
他人の感情を気にするのと同じです。

ここで、ジョークをひとつ。

アイ×アイ=マイナス になるので気をつけましょう。

アイは愛ではなく、虚数のiです。
(虚数、忘れちゃいましたか?}
経済学は利己的な人しか考えていないというのは間違い.「マスクをするかしないかも」他人が自分のことをどう思うかということを考えている.それもゲーム理論ではん分析できる.
あの神取先生や松井先生が絶賛とのことですから、それだけで読む価値がありそうです。
日本人は何も考えていない。ただ狂気的な同調圧力に従ってるだけ。しかし、コロナ禍ではそれが吉と出ている。

> マスクをする一番の理由が「マスクをしていないと他人に白い目で見られるから」である人は、実は結構いるのではないだろうか。
関連記事一覧
テレワークしている人、していない人 時間の価値にどのような違い?
ITmedia ビジネスオンライン
588Picks

同じことをして「楽しめる人、楽しめない人」たった1つの思考の違い
Diamond Online
411Picks

コロナ騒動のウラで、「日本売りを煽る人」たちを信じてはいけないワケ
マネー現代
189Picks

経済学者が「遊園地のチケット価格」について考えてみた。 - 16歳からのはじめてのゲーム理論
Diamond Online
100Picks

コロナで「資産を失う人」と「増やす人」どこで差がついてしまうのか
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
100Picks

【コロナ禍中の上場企業の開示を読む3】財務安定性とコロナ後の成長に向けた説明
シニフィアンスタイル
72Picks

コロナ禍でわかったストレスに「強い人」と「弱い人」、その決定的な違いとは? - だから、この本。
Diamond Online
14Picks

コロナ不況でも、35歳以上の転職で勝てる人が必ずやっているたった一つの事 - 一気に買い手市場へ突入するのか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
12Picks

「PCR検査の数断然足りない」…ノーベル賞の本庶佑教授が語るコロナ対策「検査は大学研究室でもできる」 専門家会議に足りない出口戦略とは
FNNプライムオンライン
12Picks

コロナ調査でわかった「家族関係が良くなった人、悪くなった人」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
11Picks