新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IntelとNvidiaの時価総額比較が面白い。
IDM・ファブレスとビジネスモデルが違うなど無視してバリュエーション見ると、Intelの99年度の売上は約300億ドル(なのでPSRで15倍ほど)で当時の売上成長率は年10~15%、一方EBITDAマージンは約50%、営業利益率で30%。なお、現在は売上約720億ドル、成長率・利益率はざっくりそこまで変わっていない。
一方のNvidia。売上約110億ドル(PSR約24倍)、ただ成長率は年率20-30%ほど。ファブレスなので償却費はあまりないがファンドリに外注する分だけコスト上乗せもある(Intelにとっても償却費など負担もあるが資産にもなる)。その前提でEBITDAマージン3割前後、営業利益率はそこから1-3%ほど低い。
成長率はNvidiaのほうが高いが、外注モデルで自社取り込みが少ない構造(付加価値はTSMCと分けている)でこの時価総額やバリュエーションは少し行き過ぎている気がしなくもない。
なるほど、そういうことか。昨日のニュースへのコメントで、ARMを売却すれば中核を失うSBは大丈夫なのか、と書いたけれど、それは浅くしか理解していなかったと良くわかった。
しかし、逆からすると、nVIDIAがARMを手に入れるメリットは本当に大きいのだろうか。シナジーはありそうでない、というのがよくある話なので、その点は注視したい。
しかし、インテルとnVIDIAの対比は面白い。かつてインテルはスマートフォン市場にいち早く参入したQualcommに時価総額で抜かれて、エッジ・コンピューティングやインテルキャピタルで復活した経緯があるが、次にどういう一手を打つだろうか。
ソフトバンクG、エヌビィディアへのARMを売却が前進。ただ損しない程度の金額が良いところだろうな。ARMは殆ど成長してない。一方エヌビィディアは絶好調。売るの早すぎましたね。孫さんの投資は裏目に出るのが増えてきましたね…
どちらもあり得ますね、確かにNに売る方が金額渋いかもしれませんが、そちらがメインストリームだとは思います。米国は今まさに半導体の機運が高い。中国、台湾、韓国もですが。
日本はまだ立ち上がりきれてない。
SoftBankによる買収後の業績がよろしくないとはいえ、ARMは再編される側なのだろうか。
どちらかといえば、再建するのはSoftBankグループであり、その為にARMを利用しているだけではないのか。
そうか、そういうことか
と思いました。
しかし、Nvidiaにとってはケイパビリティを買い、競争を優位にすることに意味合いはあるとして、それだけのプレミアム価値を出せるでしょうか。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.8 兆円

業績

業績