新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「出資総額は国300億円と民間企業18億円(Wikipedia)」ということらしい。内実はともかく形を見る限り、官民ファンドとは名ばかりで、民に奉加帳を回して民間主導であるかの如き形をつくって“税金”を大量投入し、官主導の“仕事”を作ったとしか思えまない構成ですね・・・ 奉加帳に応じて多少なりとも民がカネを出すから“官民”という名の隠れ蓑が出来るんです。やるなら全て血税を財源にして、責任の所在をはっきりすべきでしょう。近時、この手の“官民”ファンドが雨後の筍のように増えているように感じるのは私だけ (・・?
PL,BSが公表されています。投資の失敗よりも高コスト体質が原因ですね。
http://www.a-five-j.co.jp/reporting/pdf/statement/earning_statement_2019.pdf
なんと販管費が2018年度は19億円、2019年度は8.8億円あります。
素人集団がやっても無理。
単に官僚の天下り先を確保するのが目的なんだと思います。
そういう意味ではこのファンドも成功と言えるかもしれませんが。

【抜粋】
機構は13年の設立から5年間で4千億円の投資をめざしたが、実際は昨年度末で138億円にとどまった。解散時の累積赤字は120億円にのぼる見通し。
役所だけでなく制度を認めた政治にも責任はあります。これを十分検証せず責任の所在が曖昧にならないよう、同じことを繰り返すことがないよう政治の責任は重大です。