新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フードデリバリーをどこで頼むかというのは、意外とこだわりなかったりする領域なので、こうしたソーシャル共同購買との愛称は良さそうですね。とくに、複数の注文をまとめてとれる分、レストラン側の製造効率アップに繋がりそう。ラストマイル配送の方は近い家の人通しの共同購買という制限なければ効率化の度合いは小さそう。
ラストマイルの効率性にもっともアドレスしている共同購買モデルには日本の生協があります。
美団外卖は中国フードデリバリー業界で6割の以上のシェアを誇っています。そして、最大のライバルはアリババ傘下の饿了么。

業界トップといえど、気が抜けば足元を救われるのが中国。

今回の記事で紹介されたのは、格安共同購入で中国EC界の第二位まで登り詰めた拼多多を真似た共同購入のフードデリバリーですが、差別化が難しい同業界では最終的には価格勝負となるので、資金力と規模力がある美団の強みが、思い存分生かされます。

このサービスには期待できそうですね。
店側の製造効率、配送員の配送効率、ユーザーのお得感。単身世帯メインのデリバリーは中々に大変なので、国内でも購入方法の一つとして付加されてきそうですね。