新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
感染の事実だけを報じ、なぜ感染源や感染経路の調査状況を公表しないのはどうしてだろうか?

危険性を知っていて、試合や業務を強行し、その結果、選手・スタッフ、観客に損害が生じたなら、その強行を決定した者に責任がある。巨額な損害賠償請求がなされるおそれが高い。

つまり、業務上の注意義務違反による法的責任が論じられる段階にあると思う。

Go To キャンペーンにはこの責任問題がある。
だから、ずる賢い政府は、決して義務づけないで、旅行者の自己責任としている。旅行代理店や宿泊業者は、実は、明確に免責されてはいない。

「経済を回す」なんて、怪しいスローガンに乗せられて、最後に困るのは、国民だ。
感染経路を報じないのは、「誰も調べてないからわからない」からという可能性が高いと思います。

もともと日本の保健所のような感染トラッキング係はアメリカにはいないので、サンフランシスコ地区では、図書館司書や税務調査官など、類似のスキルを持つ人を訓練し、感染トラッキングを担当させることで、80%ぐらいまでトラッキング率を上げることに成功しているそうです。しかし、他の多くの都市ではせいぜい20%ぐらいだそうです。(UCSFの専門家の話を昨日ツイートで読んでいました。)

最初のうちは本当にまるでできなかったので、私が2月に日本からアメリカに戻った時に、まるで情報がなくて怖かったです。
つい先ほど下記で選手の間で新型コロナウイルスの感染が相次ぎ、試合の中止が続いていることから、今後は1日に2試合を行うダブルヘッダーが多くなるため、ダブルヘッダーでは2試合とも7回までとする特別ルールを適用することを決定したと報じられていたばかり。
【大リーグ ダブルヘッダーは7回までの特別ルールへ コロナ影響】
https://newspicks.com/news/5114606

感染がこれ以上広がれば中止も検討する必要は確かにあるのかもしれません。
再開した大リーグをテレビで観てますが、そりゃあ広がるよな、と思います。
ベンチ内でもほとんどマスクしてないし、ツバは吐くし、蜜です。ハイタッチをはじめとして至近距離で騒いでます
いよいよとは思っていましたが、現実味を帯びて来ましたね。
生命、健康第一です。
今シーズンは、終わりにしましょう。
今のアメリカで、大リーグを開催出来ていることの方が奇跡だと思いますが…
でも、アメリカでプロスポーツがないと、大人の男性の娯楽ならなくなりますよね。
さてどうなるか。毎日6万人以上も新たに感染者が出ているアメリカで試合ができている方が奇跡ということなのかもしれない。。