新着Pick
148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
森林は、適切に管理しないと資産が負債になってしまう代表例です。倒木による電線切断、地滑り、道路陥没、水害などです。近年の災害の多さを考えると、国土形成の方針が打ち出されるべきなのに、まあ政府の動きは鈍いです。木材の価値を活かし災害を防止したい岡山県の意思に信託銀行が答えた画期的なディールだと思います。
後継者不足による林業放棄や相続登記敬遠などにより、健康的に管理されない森林が増えると予測されている中で、管理運用のプロに任せる選択肢は時代に即していると思います。

日本の一林家あたりの森林所有面積規模は小規模(10ha未満が全体の9割程度)であり、一家が生計を営むには無理ある面積と言われています。しかし信託制度の仕組みがうまく機能すれば、信託会社の下で個々の森林の運用を集約させ、様々な投資・取引が行われやすくなると考えられます。

この記事では建材などとして販売した利益を分配金として受け取ることが想定されていますが、森林による二酸化炭素吸収量を売買・クレジット利用する制度とのコラボレーションもできそうですし、これからはバイオマスエネルギーへの需要も増加するでしょう。環境政策へもうまく活用されることに期待したいです。
「林業会社などに間伐や伐採を任せ、所有者は建材などとして販売した利益を分配金として受け取る」
おお、興味深いです。森林信託というのがあるのですね。
「最新の測量技術やITを活用した「スマート林業」を取り入れ、収益を生む森林に変える」など事業にもテクノロジーを活用するのですね。
この方式で水平展開できるなら、耕作放棄地の問題も解消できそうですが。
ただ、短期的に利益が出る性格のものではないと思うので、どれくらいのサイクルを見込んでいるのだろう。
信託の起源は、イギリスの教会に資金を託すことにあったと記憶してます。公益信託ではないですが、こういう長い期間にわたる仕組みが信託の本来の姿です。素晴らしい。
記事の内容だけでは詳細が分かりませんが、結構面白そうな仕組み。

これは耕作放棄地や廃屋などにも応用できそう。