新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回はペイペイに変わるのは以下の金融サービスだそうです。

ワイジェイカード   → Paypayカード
ジャパンネット銀行  → Paypay銀行
One Tap Buy      → Paypay証券
ワイズ・インシュアランス → Paypay保険サービス
ワイジェイFX       → Paypay FX
アストマックス投資顧問  → Paypayアセットマネジメント

それぞれの会社はYahoo! JapanカードとかYahoo!保険とかYahoo!やYJの名を冠した商品を提供していましたが、それらも全てPaypayブランドに変更されるようです。
つまりYahoo Japan(YJ)ブランドからPaypayブランドへのブランド切り替えということのようですね。

こうして一斉を風靡したYahooブランドも少しずつ我々の前から消えていくのでしょう。
下記がリリース。YJキャピタルは、金融事業ではあるが対顧客ではないから(?)PayPayキャピタルに変わらずそのまま。
https://www.z-holdings.co.jp/pr/press-release/2020/0731/
ペイペイドームのみならず、ペイペイ銀行にペイペイ保険。たくさん支払ってくれそうではあるが、名前から本気度MAXですね。
ブランドの統一はポジティブ。
米国ヤフーとの兼ね合いもあったと思いますが、あと10年早くやっとけば。

現時点でブランドの統一に関しては、楽天に10倍くらい先行されていますので、これからの巻き返しに期待です。

が、国内に於ける楽天経済圏は盤石。
私は複合的に楽天のサービスを利用してますが、デフォルトでポイント10倍くらいになってます。
顧客のスイッチングコストは相当高いと思います。
YJカードがpaypayカードに。あれだけ認知を取ったのでそれを活かす、という狙いはもちろん、単独では儲からない決済事業においた、裏につけるカードを取りに行く、別の金融商品を組み合わせるなど、マネタイズポイントを探しに行く一貫とも見えます
PayPay銀行、PayPay 証券…
富裕層向けでないことだけはよく分かります。

新しい日本の総中流(中の下くらい?)向けフィナンシャルグループ感がします。
「Yahoo!」を名称として使うと、売上3%がブランドライセンス料として米国本社に取られるためですね。PayPayのバラマキキャンペーンはYahooに変わる独自ブランド構築戦略だったのかも。それなら数百億円の赤字でも安上がりかも。

なお、僕は『ペイペイ』という名前は親しみ易くいいと思いますけどね。強いて言えば、検索で「PayPalかも」と出てきてしまう点。

> 『ヤフー!』が『PayPay』にブランド変更したい4つの理由 『Zホールディングス』始動
https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20190909-00141874/
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
3.50 兆円

業績