[ワシントン 30日 ロイター] - 米上院のブルメンタル議員(民主党)とホーレー議員(共和党)は30日、米司法省に書簡を送り、ビデオ会議サービス「Zoom]を運営するズーム<ZM.O>と中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を調査するよう要請した。

議員らは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて米国民が自宅で過ごすことが多くなっており、ZoomやTikTokの利用が急増していると指摘。

「ズームとTikTokのデータの取り扱い方法や、中国との関係が、米国民をリスクにさらしているのかどうか、米司法省が調査し判断することが必要だ」とした。

議員は、両社は中国との関係を小さく見せかけようとしていると批判。「ズームとTikTokが米国民の個人情報を(中国政府に)開示したり、中国政府に代わって検閲を行っている可能性が強く懸念される」と主張した。

ロイターは米司法省にコメントを求めているが、現時点で回答はない。ズームは「ユーザーのプライバシーを重視している」と強調。TikTokは「ユーザーのデータを中国政府と共有したことはこれまでになく、要請されても拒否する」などと説明した。