新着Pick

富士通 国内新会社「富士通Japan」を10月1日に発足 主要グループ会社を統合し1万1000人規模に

週刊BCN+
富士通は7月17日、国内事業新会社「富士通Japan」を10月1日に発足させると発表した。中央官庁やメガバンク、通信キャリア、グローバルな大手企業、社会インフラを除く富士通グループの国内事業を一手に担う。富士通が今年3月に発表した新会社の構想では、グループ内で準大手や中堅・中小企業向け事業を担ってきた富士通マーケティング(FJM)を母体に、富士通本体の自治体、医療、文教向け事業部門が合流した...
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従来から、SMB(中堅企業、自治体医療など地方にも分散している事業等)は販社などパートナーに任せていたと考えています。しかし、ハードウェアなどの比率が下がり、販社への売上は伸びず、本社は大手フォーカスにシフトするとともに、SMBビジネスのリストラを行い、生産性を高めざるを得ないのだろうと、推測します。第二弾で、非効率な事業のクロージングも検討するのではないかとも、推測します。それは合理的なアプローチかと思います。地域に根差した事業はしがらみも多く、困難が予想できますが・・・

これは、多くの大手ITベンダー共通の課題ではないだろうか。
富士通株式会社(ふじつう、英語: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーである。ITサービス提供企業として売上高で国内1位、世界4位(2015年)。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。 ウィキペディア
時価総額
3.95 兆円

業績

株式会社富士通マーケティング(ふじつうマーケティング、Fujitsu Marketing Limited.)は、東京都港区に本社を置く富士通グループの通信情報会社、システムインテグレーター(メーカー系)である。略称はFJM。 ウィキペディア