新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生鮮品の宅配は、通常のAmazon取り扱いのドライ品とは違い、鮮度の観点でタイムリーに運ぶ必要ある、置き配の難易度が高い、顧客が今日の献立に使うので即日配達等が求められやすい等の背景から、ピッキングや配送のオペレーションコストをカバーするために、都度の配送フィーをAmazonですら取ってきたのが実情。配送フィー無料は大きなチャレンジで、その分単品での粗利をしっかり取る等しながらなんとか回していくのでしょうか?要注目です。
イギリスのネットスーパーは世界的にも進んでいて、スーパー各社も配達専門の倉庫型店舗ダークストアを作ったり、という環境の中でアマゾンの手数料ダンピングの破壊力は大きいでしょうし、専業スーパーにとっては死活問題。「核のボタン」という大げさな表現になるのも理解できます
生鮮品を含む食料品は鮮度の問題もあり、配達料を無料にするというのは本当に難しいこと。Amazon以外ほぼできれないのではないでしょうか。日常の買い物がオンラインに変わる大きなきっかけとなりそうです。
注文金額40ポンド(5,500円)以上で送料無料という設計では、アマゾンフレッシュ単独で利益を出すのは困難。
食品販売&配送はもはやバンドル化された複合サービスの中の「ロスリーダー」へと相対化される流れでしょうか。
そう考えると「核のボタン」とは言い得て妙です。
日本国内、とくに関東圏だと人口が密集していて効率がよいので皆様ご指摘の通り少なくともすでに実質無料化それに近い配送料ですよね。

けど、自分で買いに行くとなると交通費もその分の時間も取られるのでその分得したことを考えると少しくらいの送料は・・・と思ってしまいます。

逆に、現状のネットスーパーで不満なのは品揃えの少なさ。品切れとしづらいので仕方ないことだとは理解していますが。。。
物流などへのコスト削減ができるアマゾンだからこそ提供できるサービスかもしれませんね。食材品配達はコロナ禍をきっかけにもっと盛り上がっていくとは思いますが、配達のスピードと物流費用の面からすると日本では食材品配達の無料サービスまで提供するのには時間がかかるのではないかと思いますね。
イギリス、食品ECの競争というと、Ocado!10Xの下記のOcadoレポートも併せて。
https://10x.co.jp/news/posts/?id=2020-04-27

Ocadoは、アメリカではKroger(①)、日本ではイオンと提携(②)。核ボタンが世界に広がるだろうか…
https://newspicks.com/news/3035318
https://newspicks.com/news/4423936
40ポンド以上の注文かつ、2時間枠での注文なら配達料が無料に。40ポンドという事で、どの世帯人数を対象に力を入れていく、また現状でもニーズが大きかったかというのが見えて来ますね。
デリバリー料金は、デリバリー市場における大きなボトルネックです。

amazonが、それをディスラプトするのか?

米国では、すでに実現していますが、UKでの実現の壁は何か?

行方を注目したくなる動向ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本のAmazon Prime会員は1万円以上で送料無料(1万円未満は390円)。
2倍以上の差がある年会費に関係あるのかな。

今年のクリスマスまでには英国全土が対象になるのか。
日本は開始して3年以上経つのに、まだ東京、神奈川、千葉の3都県に留まっている。
どこに問題があるのだろう。配送体制、需要、Primeの年会費?
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
160 兆円

業績