新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『情報の取捨に「正解」はない』というのは、興味深い言葉だし、たしかにと思わせられる。

情報はいろいろな側面がある。
例えばある報道がされたという「事実」という点に注目すると、以下のようになる。
「〇〇が決まった」:情報自体が事実
「〇〇の方向で決まる予定である」:その情報が出たという事実=それを伝えたい人がいる事実。ただまだ決まったという事実はない
「〇〇になるのではないか」:そうなると考えている人がいるという事実。ただそうなるかは不確定で事実ではない

あと、不確実な未来について、情報の確実性は色々な分布がある。
かなり確からしい確率で起こりうることもあれば、特に不確実性が高いときには通常では起きないことが連鎖して起きることもあるのでいきなりぶっ飛ぶ(いわゆるブラックスワン)。ほとんど起きないので、普段はオオカミ少年的になるのだが、でも案外起こるシナリオをどれだけ想像できるかというのも、情報を見ていくという観点ではそういうことを捨てずにインプットしていることは重要だと思っている。

ロジックと発想の両面があるが、世の中に多くある情報を「ロジカルにどう読み解いていく」かという点では、色々お作法がある。ぜひ文学少女さんの下記Pickやコメントを読んでいただきたい。
そこでは伝統的メディアのお作法のなかでの読み方だが、IR文学の読み方も日銀文学・霞が関文学の読み方もあるし、メディア・書き手の書き方の習性や意図からある程度ロジカルに推測できていく部分があると自分は思っている。
記事:https://newspicks.com/news/3198444
文学少女さん:https://newspicks.com/user/212428
興味を持つことから、情報収集が進み、理解が深まっていきます。「偉い人の言っていることが本当かどうかはわからない」ということはよくあります。

現場に本当の情婦は落ちていることも多い。体験なく、本や論文を読んだだけでの感想文にはそういう間違いがよくあります。
目的があるからこそ情報取得の精度が上がるという論は本当にそのとおりだなあと思います。

アウトプットに対する明確なイメージがあるからこそ能動的に1次情報を取りに行くわけで、そうでなかったら受身的に情報に晒されるのとさほど変わらないでしょう。

昨日「コロナ黙示録」がAmazonから届いたので早速拝読しました。

Amazonのレビューでは多くの批判やイチャモンも見受けられますが、私は純粋におもしろかったですし、既存メディアの根深い問題に鑑みると、このようなストーリーを通じて政治の問題をあぶり出すことは有意義だと思います。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。