新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
各国政府によるEV支援金の長期継続が悲観的な現状で、マーケット自体が収束する (特に中国で) 懸念への対応ですかねぇ 充電場も全部自分たちて作り続けるわけにはいかないですし
EVで成功している会社は少数。
そしてそのどれもが水平分業ではなく垂直統合のカタチをとっている。

その最右翼がテスラ。
全て自前でやる。だから超短期間でアウトプットを出せる開発手法が可能となる。

よく、EVならコモディティ化し、特別な技術は不要で、水平分業が進んで誰でも参入できる、的な寝言を宣う御仁が多いが、テスラはその真逆。

どんな自動車会社よりも垂直統合型。
そしてそれはほぼ唯一と言っても良い、EV専業メーカーで成功してるモデル。

そんなテスラが他社に技術提供してうまくいくわけがない。
と言うより、それをやったらテスラの優位性はなくなる。

結構簡単な理屈だと思うのだが。
EVのパワートレイン制御はエンジンの制御と比べ機構が単純でコモディティ化しているため、先行しているテスラが投資回収しつつEVのマーケットを広げる妥当な選択かと思います。

EVは基本的にはバッテリー、インバーター、モーターの構成で、インバーターの出力調整のみで動力をコントロールするというものです。
バッテリーについても、世界的に寡占化が進んでいて、より大きな工場でより大量に作る事が強みになっています。

自動車業界としての競争領域はその外にあり、これらの構成部品を安く仕入れ、安全で高品質な電気自動車を組み上げ、世の中に安定的に供給するというところにあったりします。
テスラ単体では世界中でEVを供給できないですし、EVが普及すれば充電ステーションも普及しテスラとしての販売機会が増えます。
ライセンスするなら、
・ベントレー、ロールスのような超高級車
・ブガッティ、マクラーレンのような超高級スポーツカー
・小型商用車
という感じなら成功しやすいと思うのですが、実際はどうでしょうか。
カテゴリーが被らないと思ったのですが。
時価総額
93.4 兆円

業績