新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
6月の間、米国で楽観論が出た根拠の一つになったのが、「感染者が増え続けているものの、死者が減り続けている」という事実でした。事実、1日あたり2000人ほどに達していた死者数は6月中に500人レベルまで改善を見せました。

ここには、多くの専門家がそのタイムラグについて説明を行いましたが、残念ながら十分届かなかったと思います。専門家による予測は、実際の数字ほどの説得力を持ちませんでした。

しかし、7月に入ってから死者数は再び増加傾向を見せ、現在は1日1000人レベルに達し、昨日は1300人にまで上っています。また、春には約半数がニューヨークに集中していたのと異なり、現在は複数州に分散しているのも特徴です。一方、公衆衛生策を綿密に敷いてきたニューヨークでは死者の数も平均10人代まで低下しました。

他国が与えてくれる情報、レッスンからも、我々は多くのことを学びとることができます。
最初のロックダウンから130日以上が経過し感染者はまもなく450万人にのぼります。感染者数の増加が抑え込めていないうちに活動を再開し、尚且つ感染防止策が徹底されていないことが感染爆発をうんでいます。

シリコンバレーにおいても地域的な第二波が立ち上がっており、職場でも頻繁に注意喚起のメールがまわるなど緊張感が高まっています。これからどうなるのか、いつおさまるのか全く見通しが立ちません。

一秒でも早くおさまり、一人でも多くの命が救われることを祈っています。日々の感染対策・健康維持、頑張っていきましょう。

アメリカ各種統計
https://www.nytimes.com/interactive/2020/us/coronavirus-us-cases.html
【海外への行き来までは道のりが長い】

半年前まで海外へ普通に行けたことが不思議な気持ちになります。

アメリカをはじめ、多くの国ではまだ第一波が落ち着きそうもないことに驚きを隠せません。1月2月の時点で中国が海外への渡航を止めたとしても、おそらくこのような事態は免れなかったのでは…と思っています。

アメリカのこの現状を考えると、日本で感染者数、死亡者数が抑え込めているのはやはり奇跡であるような気がしてしまいますが、それだけ歴史的な、そして世界的な感染症のパンデミック状況下にあることは常に日本人も念頭に置いておく必要があります。
感染者数も死亡者数も、再び増加傾向にあるというのに、マスクをしない権利を主張することも自由の権利の一つだと騒ぐのがアメリカ人…ベトナム戦争の死者数を超えて、WWⅠの死者数を超えても、世論は変わらないのでしょうか?

日本は死者数が増加していませんが、違いはどこにあるのか?
SAASやMAASで、国によって病状経過がこれほど違うことはなかった筈です。そのことも混乱に拍車をかけているように思えます。
アメリカで新型コロナの「感染が確認された人」は約450万人、死亡者は15万人となっています。アメリカの人口が、約3.3億円ですから、この数字だけ見ると感染率は、1.4%ということになります。

しかし、過去のアメリカの抗体検査で、無症状の人を含める「実際の感染者」は「感染が確認された人」の10倍になる可能性があるという結果が出てました。

この結果を考慮すると、アメリカの「実際の感染者」数は4,500万人、感染率が14%となります。
ジョンズ・ホプキンス大学のまとめによると、アメリカの、新型コロナウイルスに感染して死亡した人が15万人を超えています
日本も「対策を講じなければ」いずれこうなる。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア