新着Pick

NASAの火星探査車パーサヴィアランス、今夜打ち上げ。人類史上初「火星サンプルリターン」計画の始まり

Business Insider Japan
2020年7月30日20時50分(日本時間)、米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から、NASAの火星探査機「Mars 2020/Perseverance(パーサヴィアランス)」が打ち上げられる。 パーサヴィアランスは、世界の惑星探査のトップを走るNASAジェット推進研究所(JPL)が開発した6輪の...
454Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
遂に、遂に…涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙

思えば5年以上、文字通り何千時間も、僕の持つすべての技術と夢と情熱をこのローバーに捧げてきました。

旅立つ娘を見送る気持ちです。期待と不安が半々です。どうか火星で大活躍してきてほしい!もし、サンプルから過去に存在したかもしれない地球外生命の証拠が見つかれば、それは未来永劫、人類文明が存在する限り記憶される発見になるでしょう。その末端にでも関われたことを誇りに思います。

でも、それより何より最高に嬉しかったのは、今朝、娘のミーちゃんが、明日朝4時半に一緒に起きて打ち上げを見たいと言ってくれたことです涙涙涙涙涙涙涙涙涙 パパのロボロボがかせいにいくのをみる、と言ってくれています涙涙涙涙涙涙涙涙 たとえ明日、ミーちゃんが起きれなくても、そう言ってくれただけで本当に幸せです。あああ、生きててよかった、父親になって本当によかった!!!!!!!!!

あああ、書いているだけでもう涙が出てきた、泣いていいですか?涙涙涙涙涙涙涙涙涙涙

【追記1】ちなみに、どうしてサンプルリターンがそんなに重要か、語ろうと思えば5兆字くらい語れるのですが、時間ないのでまた今度、どこかの機会で。

【追記2】ちなみにちなみに、もちろん見所はサンプルリターン以外にも山ほどあります!!!!昨日、ツイート連投したのでそちらをご参考に:
https://twitter.com/masahiro_ono/status/1288082930653257728

【追記3】岡本さん大好きです!

【追記4】あ、今さら記事を読んで見つけたけど、僕のコメントが乗ってた笑
パーサヴィアランスについてすごくよくまとまった記事なので、今夜の打ち上げ前にミッションの概要をさらっと予習しておきたい人はぜひご一読を。

キュリオシティのときは僕はいちファンとして楽しみ100%で見てただけでしたけど、今回は中の人(NASAの人)として、楽しみ半分、不安半分というのが正直なところです。

なんせ数千億円の予算をかけて延べ数千人が関わってきたビッグプロジェクトですからね。アメリカの納税者一人あたり1700円ほどご負担いただきました。さんくす。
サンプルリターン計画の実施途中に有人火星探査とか行われたりする可能性もあるよねぇ。。
人類初のサンプルリターンは月の石。なので、NASAが火星からの無人のサンプルリターンを狙うのは感覚的によくわかる。日本も火星のフォボスからのサンプルリターンを狙う。
中国の台頭が気になる。リープフロッグは宇宙開発でも有効なのか。

>引用
『1960年以降、アメリカとソ連の間では、月、火星、金星などへの熾烈な惑星探査レースが行われてきた。ソ連崩壊を経て、1997年に史上初の火星ローバー「ソジャーナ」の着陸・運用をNASAが成功させて以来、アメリカがトップを走っていた。2000年代になると、火星への探査でNASAの存在感がさらに高まった。双子のローバー「スピリット」「オポチュニティ」や「キュリオシティ」、火星の地震探査機「インサイト」と、次々と探査機の着陸に成功し、成果を上げていったのだ。しかし、2020年7月23日、中国初の火星探査機「天問一号」が2021年の火星到着を目指して打ち上げられた。中国は、NASAが数十年かけた火星周回機と着陸機の運用技術を、天問一号で一気に実証しようとしているのだ。そして、2020年代後半には、天問二号による火星サンプルリターンをも計画している。』
コロナ関連騒動が凄くても、予定通り火星に探査機が向かうのですね。
→こういうところは、アメリカの凄いところだと思う


パーサヴィアランスって、アメリカらしからぬネーミングですね。パーサヴィアランスが地球に返ってくる頃、地球ではコロナは克服しているよね…
頑張って来て欲しいですね、小野さんの努力が報われることを祈ります。
火星サンプルリターン計画かぁ。
夢がある話ですけど、これも10年かけてやる感じなんですねぇ。
自分が子供の頃は、21世紀とか2020年って、もっと宇宙が身近になるイメージでしたが、火星ですらこの遠さなんですよね。
宇宙って広いですねぇ。

何か見つかる期待はしたいけど、子供の頃の宇宙探査のスケールと比べるとホント遠いですね。

スペースシャトルもなくなっちゃうし、想像と全く違う未来になってしまって、なんか寂しく感じてしまう今日この頃。
もちろん、民間ロケットとかいろんな新しい取り組みが動いてるので、少しずつ宇宙は近くなってきてるんでしょうけど。

自分が死ぬまでに、宇宙旅行ができる感じは全くしないですね。
残念無念。

まぁ、そもそもガラスの三半規管で、Oculus Questで気持ち悪くなるレベルなので、宇宙ロケットとか乗ったら確実に船内リバース間違いなしなんですけど。
今日の日本時間20時50分に、米フロリダ州ケープカナベラル空軍基地から、NASAの火星探査機「Mars 2020/Perseverance(パーサヴィアランス)」が打ち上げられます!ワクワクします!
3億年後には地球は太陽に飲み込まれてなくなっちゃうわけだから、火星に住めるようになってるといいですね。

その第一歩でもある?Hung in there, GoGo!
世界中がワクワクできるニュース。火星の表土サンプルが地球に届くのは2030年はじめ。未来の楽しみが一つ増えました。