新着Pick
592Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「人工冬眠」。夢のような言葉ですが、冬眠しないはずのマウスを、脳の神経のごく一部を興奮させることで「冬眠状態」にすることに成功したという論文が、このほど発表されました。冬眠研究のみならず、動物の体温調節の研究にとっても画期的な成果です。

論文の主要著者である櫻井武・筑波大学教授と、砂川玄志郎・理化学研究所研究員に、研究のエピソードや今後の展望について聞きました。貴重な動画も提供していただいたので、ぜひご覧ください。

共同研究のきっかけは、2011年の国際会議での会話だったと言います。
新型コロナで対面しての会話の機会が激減していますが、やはり、生身のコミュニケーションは大事なんだなあと認識しました。
高校時代に演劇部で、人工冬眠で未来に送られて不治の病を治す話を書いたなあ…ということを思い出し、感慨深いものがありますね。
哺乳類の氷河期の経験から冬眠できるのではないかという仮説は面白い。
それこそ宇宙旅行や災害時など色々な局面で使えそうですね。
このドラマも見たばかりだったのでタイムリーな話題でした。
https://www.fujitv.co.jp/kimyo/2019110901-2019110904.html
昨夜ちょうど砂川さんのこちらの仕事のお話を一時間程聞く機会があり、大変興奮しました。

砂川さんは講演の最後に、ヒトも冬眠(休眠)できる。はずであると力強く締めくくり、講演聴いていた仲間内でも、それを期待させるようなデータと展望でした。

須田さん、本当に凄く丁寧に書いてあって凄く良い記事でした。そしてNewsPicks Sience なんて知らなかった、、、
素晴らしい記事、絶対面白いので是非読んで欲しい!

あとで追加コメント。
図と動画を順序よく見られるのはネット記事のいいところですね。

タイトルはSFチックですが、現実的には救命救急の場で数日〜数週間の人工冬眠(代謝の低下)で治療時間を稼ぐところが当面の目標になれば、と思います。
以前ニュースで,冬山の遭難者が低体温の状態に置かれた結果,数十日間の飲まず食わずの状態を生き延びたという話を聞いたことがある.あと,脳が外傷を負ったとき,体温,とくに脳を低温状態にすると治癒の可能性が上がるという(叔父がそうだったのですが).関係があるのか?
体をブルブル震わせるマウスが可愛かった。生き物の身体は不思議だなぁ.....
この連載について
サイエンスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート