新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個室ワークスペース担当しているThink Lab の井上です。
今からオープンです!

補足:
個室集中スペースは、

3時間パック2,000円
6時間パック3,000円

です!
銀座にお越しの際には、豊かな時間をお過ごし下さい〜
つよい。ニーズファーストで店内設計の変更。不採算店や、ニーズが顕在化している立地に対して、家とオフィスのどちらかに寄った店舗が増えていきそう。

Teavanaのお茶ブランドを使って、もっと安らぎに特化したような店舗も出てくる予感。
ちょっと高い。。。銀座の地価が反映されているのでしょうか。

>15分利用300円(税別)、1時間で1200円。長時間利用のパック料金も設定した。

コロナ前は、いつも最寄り駅のスタバを愛用していたのですが、それはドリンク1~2杯でカフェスペースを長時間利用することができたから。
いくら世界のスタバでもただそこに居る事だけに時間制チャージの料金プランだとどうなるでしょう。むしろ銀座以外にも都内数店舗作ってサブスク型にしてくれるなら、まだ考慮対象に上がると思うのですが。
「自宅は働くためには作られておらず、不具合を感じていると思う。働く場所の選択肢は求められている」
この認識は、実際に数ヶ月間のリモートワークを多くの人々が行うという、ある種の社会実験ともいえる期間を経て、広く社会に共有されてきたと思う。
これから、様々なニーズが顕在化してくる。
新しい場所や空間の提供、自宅のモデルチェンジ、などニーズをビジネスに転換する攻めの取り組みが、テクノロジーの加速度的な進化と共に、これから一気に出て来ると思う。
リリースを見るとかなり仕事に特化したものを作り込んでいる。
https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2020-3547.php
良いですね。ただ、こういう店が都内から始まってしまうのがなんとも。。むしろ都内のコワーキングスペースはかなり厳しくなってきている。一方でこれまで都内に通ってた郊外のベッドタウンの方が需要伸びてきてるのでweworkを始め、コワーキングスペース各社が進出を検討してる。スタバは郊外にもあるので、そういうとこから始めて欲しかったなと。
超都心の仕事空間。オフィスや自宅より快適なら毎日通ってもいい。会社が利用料を負担してもいいね。
外出してまでスタバで働きたいMacの人はいる。
それを逆手に取ってるのかな?🤔
ハッシュタグも作れば良い。
こいう作りの店舗が増えそうですね。テレワークが増える状況では、郊外型店舗でも同様の取り組みの機会もあるのではないかと思いました。自宅でずっとよりもたまには気分転換もいいですよね。
単一の空間活用に限界が生まれるなか、空間活用の多様化は今度どんどん新しいサービスが生まれていきそう。

こういった取り組みが加速するなかで気になるのは企業制度設計が変化にどれだけついていけるかという問題。
今後、フルリモートや在宅推奨が進み企業の販管費が削減できる一方で定期代の考え方も大きく変わりそうだが、これらのスペースを社員が活用する意義と手当てを各企業がどのように考えるか。

それによってこれらのスペースの活用頻度やそこから得られる企業側の成果も大きく変わるだろうと思う。

業績

スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
14.6 兆円

業績