新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある通り、特に渋谷は日本のシリコンバレーとしてIT企業の存在が大きく、勤務の柔軟性も高いので、リモートワークに速やかに移行した。その結果、コスト圧縮のプレッシャーもあり他の区にくらべて先行的に値動きしている状況です。
渋谷はここ1.2年のバブル絶頂期に供給が多く、最も高値でのリーシングが多かったのと、IT企業が多くテレワークの進みが早いなどの要因がありますね。
渋谷のマーケット全体は大規模オフィスが下げる事になりますが、一部のシェアオフィスに関しては縮小移転で需要が更に増すのでは?と考えます。築浅、高単価、大区画は苦しむと思います。そういう意味では、バブル崩壊は確実です。
定量的に他地域と比較して調べていないが、渋谷駅周りの再開発に伴って供給が多い。あとは記事でSansanが出ているが、相対的にスタートアップは丸の内企業よりはリモート化やこれまでの完全出社を前提として勤務をやめていく意思決定は早いと思う。それが影響しているか。
不動産市場は3-4ヶ月前に完全に頭打ちとなり、今後は下落していくことが予想されます。

オフィステナントでいうと、在宅勤務がメジャーになる状況化で、オフィスを手放す、または、縮小する会社が増えました。小規模オフィスは比較的に大丈夫ですが、大きめのスペースが致命的な打撃を受けつつあります。