新着Pick
463Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
ANAの決算に戦慄。

決算短信見ました。長期借入金の残高が4,000憶円増えておりました。このデットファイナンスで凌ぐかたち。

しかしバーンレート(グロス)が「約900~1,000億円/月」程度。
売上も昨年四半期比で激減。
このままコロナ禍が続いたら持たない印象です。。

-----
【2021年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)】
https://ssl4.eir-parts.net/doc/9202/tdnet/1863942/00.pdf

<B/S(貸借対照表)(※As of 2020.3.31→2020.6.30)>
・資産:2兆5,601億円→2兆8,573億円
- 流動資産:5,711億円→8,383億円
-- 現金及び預金:1,094億円→5,169億円
・負債:1兆4,912億円→1兆8,830億円
- 流動負債:5,305億円→5,211億円
- 非流動負債:9,607億円→1兆3,619億円
-- 長期借入金:4,169億円→8,253億円
・純資産:1兆688億円→9,743憶円
- 利益剰余金:5,508億円→4,409億円
(流動比率):107.7%→160.9%
(純資産比率):41.8%→34.1%

<P/L(損益計算書)(※2019.4.1~2019.6.30→2020.4.1~2020.6.30)>
・売上高:5,005億円→1,216億円
・営業利益:161億円→▲1,590億円
・純利益:113億円→▲1,104億円
(営業利益率):3.2%→赤字
-----
人気 Picker
この問題は、航空会社だけの問題でなく、稼働させないと金融危機に発展する可能性も抱えています。

航空機ファイナンスは、邦銀もかなり抱えていたので、コベナンツにヒットしてくると、どこかで火を吹き始めます。航空二社の数千億円の赤字と、政府による資本注入で止められるなら、まだ可愛いものという考え方もあるやもしれません。
「過度な自粛」をしている人はいません。どんな人も、それぞれの考え方で「適切な自粛」をしています。そうした自粛を他者が「過度である」と指摘しても、是正は難しいでしょう。

たとえば、いまFacebookに、かつてように「旅行しています」と気軽に書き込めるでしょうか。友達限定にしている私のタイムラインにも、強い自粛派がいますから、そんな書き込みをする気にはなれません(コロナ以前でもフジロック以外の旅行を書き込んだことはありませんが)。

自分自身を棚に上げた主張は空回りします。これは編集者としての実感です。経済を回すべき、という前に、そのことに躊躇される雰囲気を変えるアイデアを出すほうが建設的です。私は検査重視派ですが、現実には難しいようですね。悩ましいです。
マイレージ使ってタダで飛行機に乗れた時代が懐かしく思えてきました。今はそもそも飛行機に乗る機会も激減したし、乗って遠方に行ったら行ったで「首都圏から来た」と煙たがられるし。

資本注入もやむなしかもしれませんが、なんとか会社として踏ん張ってもらいたいです。
JAL, ANAを中心とする飛行機関連業界とJRなどの鉄道支援する意味合いにおいてはGoToトラベルはまだ始まっていないも同然、残念ながら今季の赤字は過去最大になると思います。

一方で、特に飛行機✈️業界には、値上げによる客単価向上に特に力を入れてもらいたい。ロングホールの概念が、日本から欧米に行くことではなく、しばらくは大都市圏から他の日本の地域に行くこと、と位置付けて、ショートホールは自家用車、バス、高速バス、電車、と棲み分けるのが賢いと思います。

近くて安い、は他に任せて、ニューノーマルの国内ロングホールを狙ってほしい。
このままいくと、法的整理ですかねぇ、、、
音楽の仕事をしているとほぼ1日20時間近く最近は働いているのですが、中々サブスクでは、マネタイズするのも大変で、四苦八苦してますが、こういう大企業の赤字ニュース聞くと本当大変な世の中と思います。まぁでも皆さん給料出るだけまだ良いのではないでしょうかね。
衝撃。他国の航空会社はどうなのだろう。ミャンマーの航空会社は元から経営状況がよくないと噂されていたが、コロナの影響はどの程度か。

ミャンマーは明日からの4連休で人気の観光地を中心にチケットが取れない便が続出。私も避暑地のカローで過ごすが、第三希望の便しかとれなかった。国内旅行が解禁され、一部観光地ではホテルも予約がとれないほど観光客が戻ってきている。一方で国際空港の商業発着は禁止継続なので、海外の観光客はゼロ。観光業界の大変動が起こるだろうな。
四半期決算で1000億円超の赤字なので、これが次の四半期にも続くと会社として成り立たないのではないだろうか。
航空業界に何か明るい話題があれば良いのだが…
非常事態時においてはビジネスを守ることに固執べきではない(ただしリーマンショック時のようにシステムが崩壊するときは除く)。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.07 兆円

業績