新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
黒い雨が降った範囲について、国の援護対象になる「大雨が降った地域」の線引きは1953年の旧文部省の報告を根拠にしていますが、その後、研究者の研究や広島県、広島市などの調査で、はるかに広い範囲で黒い雨が降ったという結果が出ていました。
この判決が出たと言うことは国の線引き判断の違法性を認めたことになりますが、黒い雨と健康被害の因果関係(大雨を浴びた人だけを救済することが違法だとする理由)をどう判決理由で表現しているのかが焦点です。
井伏鱒二の小説の題名でもある「黒い雨」についての初判断であり、画期的だと思います。行政は被爆者手帳の範囲をどうしても絞ろうとします。しかし、それはあくまでも行政の世界から見た世界であり、人道に対する最悪の犯罪という観点から、とらえ直す必要があります。司法は、行政の観点を踏まえつつ、大局的な歴史的視点からみた判断を、それも論理的に情理を尽くして示すことが役割です。高齢化する被爆者のためによかったと考えます。実は、米国も「黒い雨」の被爆者を認識していた可能性が高いという新事実が最近明らかになりました。奈良大の高橋博子教授は「広範囲に降った黒い雨の影響を認めれば『不必要な苦しみを与える兵器』の使用を禁ずる国際法に反する恐れがあり、米政府がその指摘をあえて無視した可能性がある」と指摘しています。歴史から消されようとした「黒い雨」の影響が、司法によって認定された意義は大きいと考えます。
被爆者、という言葉の背景には国の認定制度があります。
認定されると、医療費がかからなくなったり手厚い健診制度などがあります(自治体によって異なる)
被爆者の認定には1号から4号までがあり、1号が直接被爆、2号は入市被爆、4号は胎内被爆、黒い雨訴訟は、3号認定に関するものです。
被爆地が広島と長崎とあり少し複雑ではありますが、黒い雨訴訟は広島被爆のなかで長年の課題となっていました。
詳しくは、東京都の被爆者団体「東友会」のHPにあります。
https://t-hibaku.jp/seido/01_techo.html
関連記事一覧
「日本は香港人の移住先として対応を」国家安全法を受け、“犯罪者認定”覚悟で在日香港人たちが記者会見
ハフポスト日本版
13Picks

外出自粛明け、不安の通勤 「8時台は人減ったけど…」
朝日新聞デジタル
7Picks

「必要のない人いない」多様性ある社会の実現訴え 大阪で追悼集会、相模原殺傷事件4年
毎日新聞
7Picks

いつも引っ越し代が高くなってしまう人が知らないこと - 最高値は3月で、最安値は1月
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
5Picks

なぜ多くの日本人は「芸能人の政治的発言」に眉をひそめるのか - 「意見を言う」に否定的なニッポン
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
4Picks

安倍首相の「政治判断」に納得しない人たち コロナウイルス巡る世論
withnews.jp
4Picks

【インド】インド人の6割、経済の早期回復を予測[経済]
NNAアジア経済ニュース
4Picks

2月の訪日外国人は58.3%減の108万5100人 5カ月連続で前年割れ
財経新聞
3Picks

往来制限緩和第1弾 日本人ビジネスマンら25日からベトナムへ
毎日新聞
3Picks

「日本生まれの外国人も処罰されるおそれ」 入管専門部会の提言に弁護士たちが批判
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
3Picks