新着Pick
46Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンラインのみをタッチポイントとするD2Cブランドやガジェット製品は多くの場合認知度向上に限界が来ます。そこでb8taです。単に小分けにしたショールーム型小売スペースを提供するだけに留まらず、以下の3点を強みにしていると個人的には読んでいます。

1. AIカメラ等で取得する顧客行動のデータ提供
2. トレーニングされたb8taスタッフによるハイレベルな接客
3. b8ta自身の高い話題性とブランド力向上による集客力

日本のニュースでは1がフォーカスされがちですが、実は個人的に語られていないb8taの価値は3→1の順番です。

FABRIC TOKYOが展開するSTAMPもb8ta有楽町にて展開を意思決定したのもそれが理由でしたね。
執筆しました!
次世代交通システムとして知られる「MaaS」(マース:Mobility as a Serviceの略)」がモビリティ革命を起こすといわれて久しいですが、これからはリテール革命の大本命として、「RaaS」(ラース:Retail as a Serviceの略)に注目したいと思っています。
その先駆的企業として知られる米国シリコンバレー発の製品体験型ストア「b8ta」(ベータ)の日本1号店が8月1日、丸井グループの新宿マルイと、三菱地所が手がける有楽町電気ビルに2店舗同時オープンします。
そのビジネスモデルやこれからの小売りのあり方について、日本事業を率いるb8taジャパンの北川卓司カントリーマネージャーと、出店企業の一つでD2C型の代表的存在であるFABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)の森雄一郎社長との対談を通じて明かしていこうという試みです。