2020/8/18

音楽プロデューサー小林武史は、なぜ「農業」に賭けるのか

川内 イオ
フリーライター&稀人ハンター
「きゅうり」の名を持つ会社
2005年11月、音楽家の小林武史は、新会社「kurkku(クルック)」を設立した。フィンランド語で「きゅうり」の意味を持つこの会社は、小林にとって音楽ビジネスと離れ、社会や環境にサステナブルな事業を行うための組織だった。
招待客で賑わうお披露目パーティーの終盤、「小林さん、なんか話して!」という声に応えて壇上に立った小林は、「みんな酔っ払って、ほとんど聞いてないでしょ」と胸のうちで苦笑しながらも、マイクを握った。
「時間をお金にいかに変えるかっていうしのぎを削るような世の中だから、僕らがエコロジーのことを考えているとか、よりオーガニックなスタイルだからということをいくら言っても、その優等生的なところが腑に落ちない人もたくさんいると思います。
たくさんの人の意識が変わるまでには本当に長い時間がかかると思うし、これから世の中がどうなるのかもわからないなかで、ある種の実験精神をもってこの会社を始めました。
新たな選択を重ねることで、この会社がなにを目指すのかがより明確になっていくと思いますが、覚悟を持ってやっていきます。これは僕にとって壮大な実験になると思います」
小林武史(こばやしたけし)音楽家・音楽プロデューサー/1959年山形県生まれ。サザンオールスターズ、Mr.Children他、多数アーティストのプロデューサーを務めながら、自身もメンバーだったMY LITTLE LOVERでも大ヒットを記録。稀代のヒットメーカーとして、日本の音楽史に名を残す。
それから14年後の2019年11月。
小林は千葉県木更津市に農業、食、アートの3つを軸にしたサステナブルファーム&パーク「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」をオープンさせた。