新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時価総額で見るとファウンドリーではTSMC, ファブレスではエヌビディアと台湾出身者が創業した企業が共にトップに立ち、米国の覇権後退が鮮明に。ソフトウェアの牙城はまだ微塵も揺るぐ気配がないけど果たしてどうなるか #米株 #半導体 #インテル
Intelに苦境は確かだが、コメント欄にあるほど簡単な話じゃない。機能面でAMDがIntelに対して優位になってすでに3年経つが、サーバ用CPUでは未だに95%の売上シェアを誇る。Intel半導体のソフトウェアに対応したエコシステムが厳然とあるからだ。この遅延で多くのユーザーはIntel依存を変えようとするだろうが、まだまだ時間はかかる。
インテルの、半導体を生産するための最新技術が予定より遅れることが明らかになっていましたが、それを受け、最高エンジニアリング責任者が退社することになったとのこと。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 外部生産委託拡大も(Reuters、7月24日)
https://newspicks.com/news/5093141

インテル株が一時18%安、自社生産撤退の可能性をスワンCEOが示唆(Bloomberg、7月25日)
https://newspicks.com/news/5094916
Intelですら人材不足に陥る
次はどこへ行くんだろう。
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
22.8 兆円

業績