新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
温度感がいよいよ高まってきた感じですね。TikTokのマネタイズは基本的に広告でありますが、広告部隊はByteDance側にいます。TikTokを分社化/スピンオフした際にこの広告ビジネスをどうしていくのかたいへん興味があります。データ収集にやっきになっているのも、TikTokサービスの向上もさながら、広告パフォーマンスの向上も目的の1つであるため、一概にスピンオフというわけにはいかないのではないでしょうか
「中国」と「その他」で分断されるインターネット。TikTokはインドで禁じられ、米国も禁止検討中と報じられたことで、中国企業のBytedanceからスピンアウトして株主の過半を非中国系とする動きが報じられています。

Coral Capital創業パートナーCEOのJames Rineyが、その背景と影響を考察するブログを書きました。
グレートファイヤーウォールを超えられるのは資本か…「中国系以外の株主を過半数としたスピンオフを実行するか」