新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私がHSBCに在籍していた10年前の時点では、黒人管理職は皆無に等しかったですね。当時、欧米の金融機関の多くが似たような状況だったと思います。現在でも相当なマイノリティであることは変わらないのでしょうから、「倍増」を進めていったとしても社内でアンバランスが生じるようなものではないと思います。

変化は必要であり、その過程においては、数値目標をおかないと中々前に進まないのだと思います。
英銀では、もともと黒人を含むマイノリティの管理職比率は低いですから、倍増と言っても人数が激増するわけではないでしょう。しかし、マジョリティには不公平に見えるかもしれませんが、一度は一種のアファーマティブ・アクションを入れないと、女性・LGBT・障害者などを含むマイノリティの活用は進みません。
マイノリティ・クォータ的なものは、多様性重視の側面からは不可欠だと思いますが、一方からは「逆差別」という批判を受けますよね。
でも、何かを変えるときはクォータは必要で、定着すれば外せばいいと思います。
グーグルも25年までにマイノリティ比率を30%まで増やすとのこと。この流れが顕著になってきたが、本当に正しい動きなのかなー。そのように黒人管理職を増やすということ自体が、なんとなく差別を意識させるが・・
HSBCのノエル・クインCEOは社内向けメモで、2025年までに黒人の管理職を倍増させる方針を明らかにしたそうです。
HSBCホールディングス(エイチエスビーシーホールディングス、HSBC Holdings plc)は、イギリス、ロンドン、カナリー・ワーフに本社を置き、商業銀行を主体とする、世界最大級のメガバンクである。1865年に香港で創設された香港上海銀行を母体として1991年に設立された。 ウィキペディア

業績