新着Pick
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナにおいてセブンでは、「デリカ」「冷凍食品」「洋酒・ワイン」のカテゴリ売上が特に拡大。43店舗にて酒類を拡大するレイアウトをテストしていましたが地区平均より売上が伸びた事で120億かけて8000店でも導入へ。
細かな変化ですが、来店頻度が高いコンビニだからこそ変わり続ける必要性を感じます。
コロナ禍で売上は下がった一方、客単価は非常に上がったコンビニ。三密を避けてスーパーからコンビニに一定のお客さんが流れたというのは確かに実感がある。その消費行動の変化をとらえ、新しいコンビニの形を各社が模索しているというのは興味深い。近年、ヒット商品はあるが生活様式を変えるほどのイノベーションが無くなったコンビニがこの危機時にそれを生み出してくれるのか?消費者としても経営者の観点からも大いに興味がある。期待したいな。
立地によって色々違いがありそう。オフィス周りの「ちょっと買い」は減っているだろうから、これは単価を上げる要因でもあるし客数を減らす要因でもある。ロードサイドも全体の移動量が減ったとすれば、全体としては厳しいのではないだろうか?
キッカケがあって、どう行動変容をしていくか。特に今回の場合は、消費行動の行動変容だけでなく、生活自体の行動変容が現在進行形で起こっていると思うので。
確かに、多くの人々で混み合っているスーパーに行くよりコンビニで済ませる人が多くなっているような気がします。

私も滅多にスーパーには行きません。
「コロナ禍で「コンビニの使われ方」が変化している」とのこと。
セブンイレブンが「オフィス街立地と住宅街立地と変化を持たせた商品政策を進めてきたが、これを改め、さらに細分化したレイアウト、商品政策を導入する予定という一部報道もある」とのこと。今後どのような戦略を取っていくのか、注目したいです。
コンビニの使われ方の変化の前に人の流れの変化を考察する必要がある、と想像します。
宅配にむしろ顧客を取られてるかと