新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカは今なかなか難しい状況になっていますね。マスク着用を拒否する人々が「個人の人権の侵害」を主張しているようですが、「個人の人権」と「国民の団結や協力」という基準でどっちが大事なのか、そこに社会分裂が起きているのかもしれません。「弱者を守るために自分を規制にする」という認識を要求することもなかなか難しいでしょうね。
いまの米国のマスク論議がよくわかる記事だった。コロナウイルスはヒトからヒトに感染するのだから、マスクを着用し、ヒトとの接触を極力減らすことで感染予防になるというのは米国では常識ではなかった。「マスクをしたくない人にマスク着用を強制してはいけない」という話が米国憲法に絡むとは・・・。その議論を続けている間にも死者数が増えている。
こうしたニュースを見ると、米国のリーダーシップが失われつつあることを否定することはできないだろう。

15日間で新たに100万人の新型コロナウイルスの感染者が確認され、米国の各都市に武装した警察や連邦捜査官が派遣されていることは、敵対国に対して米国政治の更なる分断という政治的な好機を与えているようなものだ。
アメリカはどこに行くんだろう。
 テレビドラマは今のアメリカの流れを知るツールだと思っている。2008年あたりから変わったなと思っていたが、最近はさらに変わっている。
 個人のコンプレックスを克服する成長物語のテーマがセックス・エデュケーション。ポリティックス2は、何がメッセージなのかと考え続けていいる。
 リベラルもコンサバティブも分断のスピードが加速している気がする。
公衆衛生の観点から行政がマスク着用を義務付ける権利はある。自動車の運転を免許のある人に限定して、シートベルトの着用を義務付けているのと同じ。なんでもかんでも表現の自由と言えば守られる訳ではない。マスク着用義務に反対する人達の層は人口妊娠中絶に反対する人達の層とかぶる。他者が中絶を選択する自由は認めない、でも自分はマスクは付けたくない。タダのワガママ。

デモの武力鎮圧はかなり心配の種。逮捕時にはミランダライツという被疑者の権利を宣言する必要があるが、その手続きを全く踏んでいない模様。ポートランドでやってもオレゴンの選挙結果が変わることはほぼあり得ないが、仮にこれを拡大してSwing Stateの都市部で選挙前に大勢のデモ参加者を拘束して投票させないとか、市民が逮捕や暴力を恐れて投票に行かないとなれば選挙結果に影響する。軍隊風の武装をしているが、どの治安当局かも明示しておらず、軍隊コスプレが大好きなトランプ支持者が真似して黒人などを投票所から締め出す行動に発展してしまう危険もある。