[27日 ロイター] - 金価格が27日、過去最高値に上昇した。米中の対立激化やドルの下落を背景に安全な逃避先を求める資金が流入している。

0802GMT(日本時間午後5時02分)現在、金現物<XAU=>は1.7%高の1オンス=1934.06ドル。一時、最高値となる1943.93ドルまで上昇した。

米国の金先物<GCv1>は1.7%高の1929.40ドル。

銀<XAG=>も5.5%高の24ドル。一時2013年9月以来の高値となる24.36ドルまで値上がりした。

ANZの商品ストラテジスト、ソニ・クマリ氏は「(金は)一段の上昇に向けた条件が完璧に整っている」とし、新型コロナウイルスの流行を受けて、各国中銀が流動性を供給していることを指摘。「利回りの低下、ドルの下落、米中の地政学的な緊張も、さらなる支援要因となる。(金は)安全資産としての需要が増えているが、ドルにはもうそのような需要がない」と述べた。