新着Pick
79Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
部品共販を統合した段階でここまでは考えいたのでしょうね。次は汎用パーツの共同開発もやっていくのでしょう。アライアンスの中でのムダの排除はどんどんやっていくのでしょう。
補修用パーツの流通合理化はスバルとしても歓迎なのでしょう。仕切り価格が下がるのならディーラーにとってもユーザーにとってもメリットはあるのでしょうが、これは何かの布石に感じるのは私だけでしょうか。まさか販売網再編をブランドを超えてまでやるとまでは思いませんが、今の段階ではね。
競合どうしの共同○○=○○分野においてはサービス競争しません、ということであり、それにより各社の利益増ひいては業界の利益増になる。なぜそうするかというと、業界内で競争している場合ではないからで、自動車の場合、海外のEVメーカーやMasSとの大競争が待っているし、コンビニの共同配送のニュースもあったが、彼らはドラッグストアとの競争にさらされている。
メーカーを超えて、といってもトヨタはすでにスバルの議決権20%超を保有するので連携は必然では?

スバル、トヨタが議決権20%を保有し「その他の関係会社」に
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1233866.html#:~:text=%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%81%AF2%E6%9C%886,%E3%82%92%E5%8F%97%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82
相当、物量が減っていますから、これまでの方法では。物流コスト比率が高くなりすぎです。
いまこそ、【共同物流】【共同配送】を進めましょう!
もっと協調領域を拡大してください。
補充用部品物流では、厳格で細かい、サービス管理基準があるので、他社ブランド品の物流まで取り込むのは無理では?
共同開発品や共販品、汎用品、緩動品などは別かも。

この共同配送は、トヨタモビリティ社が配送請負を始めたというだけなのでは。

いずれ、互いにコストが割に合わなくなってやめる羽目になる。
知ってるケースでは、サーバーや工場の共用で同じ問題があった。
メーカーは超えても、スバルはトヨタの持分法適用会社という点では、グループは超えていない…
単純に管理が大変だから今まで実現しなかったのでしょう。
ある意味サプライチェーンのタネを明かすことにもなるし。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.0 兆円

業績

株式会社SUBARU(スバル、英語: Subaru Corporation)は、日本の自動車などを製造する重工業の会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.62 兆円

業績