新着Pick
554Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不満が1ミリも残らないリストラもないでしょうし、完全無欠の100%公平公正なリストラも存在しない。New York Timesの記事ですし、元従業員の批判的コメントは事実なのでしょうが、それらをもってAirbnbのとったアクションを「偽善」と決めつけるのは早計な印象を受けます。

ちょうど最近、旅行産業におけるベンチャー企業として、コロナ禍の甚大な影響を受けたアソビュー社の話も仔細にうかがう機会がありました。彼らは、売上95%減という事態に陥りながらも、社会に対して証明すべく築いてきたサービスの価値を絶対に止めないという覚悟と使命感を持ち、一緒に事業を展開してきた仲間の雇用を維持するために、「雇用維持シェアリングネットワーク」というスキームまで生み出しました(注:ランサーズ 社はアソビュー社の社員数名を実際に受けいれています)。
https://note.com/tomohisa0509/n/n9b7a4c508605

Airbnbのケースにおいても、おそらく悩みに悩み抜いて、考えに考えぬいたうえでの決断と行動なのでしょう。この決断の真価が本当に問われるのは、大量解雇をしてでも彼らが止めずに続けると決めたサービスの本質的な価値を、今後も続くコロナ禍においてあきらめずに広げていけるかだと思います。
経営に携わる、携わった事のある人間なら心の痛痒を感じず読むことは出来ない記事ではなかろうか。

しかし2010年代のユニコーンブームは歴史的に本当に異様だった。その異様さを象徴するエンディングの一幕のように本件は見える。

その時代を代表する御三家、UberとWeWorkは共にセンセーショナルなスキャンダルによって創業CEOがクビとなり、このAriBnBだけは優等生と誰もが信じて疑わななかったところ歴史的災禍コロナの直撃型業態にて生存自体が風前の灯火である。
コロナによって多くのスタートアップ、テック企業はむしろDX特需に沸いている一方で、このユニコーン御三家だけはアゲインストな業態である事も皮肉である。どうしても何か狂騒曲めいた歴史観を覚えてしまう。
どれだけ心を尽くしても、哀しいかな、文句を言う人はいる。それは経営者ならば決して免れられない苦痛であり孤独。
でも、それ以上に応援してくれる人、理解してくれる人たちがいるから、やっていける。冷静に状況を考えれば、苦渋の決断だと多くの人にはわかるはずだ。
チェスキーのスピーチに心を打たれた人もたくさんいるだろう。頑張って乗り越えてほしい。
COVID-19では抵抗できません。厳しい現実です。はやく世の中が正常化し、再雇用の道が開けるといいですね。
2017年、サンフランシスコのairbnb本社を訪れました。

いろんな社員の話を聞きましたが、一番印象的だったのは、みんな「愛」を語ることです。airbnbへの愛、事業・サービスへの愛、顧客への愛。社員食堂のスタッフも、入社面接では愛を確認されるんですって!LOVEなんです。

それはこの記事からも感じとることができました。

カネがないと愛もクソもないという現実なのかもしれませんが、愛に溢れた同社の復活を願います。
理想と現実の狭間での意思決定は本当に辛いものがあると思います。批判も覚悟の上で、それでも現実に引っ張られずギリギリまで理想を追いかけた意思決定なのだと感じてます。現実を眉間につけられながらも、そこで「現実」を取るか、それでもできるだけ「理想」を追い求めるのでは、将来的には雲泥の差だと感じてます。Airbnbは復活すると思うし、これを機会により大きな会社になると確信してます。
コロナ過には抗えません。

しかし、Airbnbにはキャンセルポリシーがあるにも関わらず、それを無視してゲストに無条件で返金してしまったのは大きなミスだったと思います。

もちろん、ゲストも大事ですが、ホストあってのビジネスモデルですから。

その後、ホストには一部(20%くらい)入金がありましたが、時すでに遅し。
キャンセルポリシーにも大規模な災害や疫病等があった際の免責事項を事前に盛り込むべきでした。
苦しさが伝わる。。誠実に真摯に向き合うしかないと思う。Airbnbには頑張ってもらいたい。。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア