新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これ実は既存のタクシー産業にとっては、危機ではなくて大チャンス。

よく新しい交通サービスが頭角を表すと「タクシー or 新交通手段」という評論をされるが、現実を分析するとどこの国でも実際は全く違ったりする。

交通政策や都市工学を学ぶ人が、イロハのイとして学ぶ概念に交通分担率という概念があるけれど、「100人のヒトが同じA地点からB地点に移動するのにどんな手段を使ったかを分析する」という考え方がある。

大都市で、記事にあるMOIAやVIAが提供するある種”オンデマンド型シャトル”とも言えるようなサービスを提供した場合、最も交通分担率のシェアを奪われるのはタクシーではなく、鉄道やバスになるというのは、交通分担率の調査に携わったことがあるひとが論じれば大勢の意見では。

お客さんを奪われる心配をしなけれいけないのはタクシー産業ではなく鉄道やバスの方。
指定されば場所までちょっと歩く、というのはUber Poolと似たようなコンセプトですね。

昔、NP内で「呼ぶと迎車料金がかかるのに対し、流しを捕まえるとかからない。流しの方を使ってくれと言われているみたいだ。」と発言したら関係者から「燃料使って迎えに行ってるんだから」と教えていただいたことがあります。(教えられ方はかなりアンマイルドでしたけど)

迎車料金を取らない地域があること(私の生まれ故郷はそうでした)、流しや待機も結局エンジンをかけている限り燃料は使っていることなどはどう説明してくださるのか疑問に思っています。

また、この記事では「流しで燃料の無駄を生じさせることなく、ドライバーも利用者も少しだけ動いてwin-win」という意図の記事だと思うので、やはり流しもそれなりのコストかけていますよね。次のお客さんを流しで見つけるまでの空いてしまう時間と走行距離の統計を知りたいです。

乗客がちょっと歩いて割引と時間短縮 — Uber Express Poolとは
https://tarosite.net/how-uber-express-pool-works-4e7189889baf
かつてタクシーを深夜に利用してた頃、はタクシー運転手に興味があった。
流しのコースとか、深夜長距離の多いビル前で待つとか戦略次第で稼げるのではないかと思ったのだ。後年、揶揄された官公庁職員をお客様としていたビールが出る個人タクシーも、先輩が愛用してて、それも1つの戦略なんだと感心してた。そういう知恵なんかよりも技術で最適化されるってことなのかと思った。