新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前こちらに投稿したコメントを再掲します。

https://newspicks.com/news/5097889/?invoker=np_urlshare_uid120783&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&utm_source=newspicks

現役だった頃は、耐用年数を超えた個人装備品であっても、数がしっかりと管理され、基本は返納、消耗品のみ廃棄できました。当然のことながらネットオークションにかけるなどもってのほかで、それで処分された自衛官もいました。
今や防衛省が旗を振って装備品のオークションを開催するとは、時代も変わったものです。国庫の収入に貢献し、各種の秘密に該当しないものであるとはいえ、装備品をこのような形で金銭化することに、個人的には違和感を感じます。

付け加えるなら、装備体系の見直しや、自衛隊の任務の整理など、ほかにやるべきことはいっぱいあるはずです。以前「制服を外国企業に作らせるのは国防上問題だ」という主張があったように記憶していますが、その立場から言うと用途廃棄になったら装備品をオークションしてもいいというのは論外でしょう。
江田島の海上自衛隊訓練施設の売店でレトルトカレーをたくさん買い込みました❣️わざわざ見に行ったけど遠かった…
→もう7年前くらいかな?

自衛隊に関しては、私達がもっと身近に感じることで、国の防衛の在り方にも関心が持てると思うので、こういうオークションは良いですね。
私は、カレーグッズが欲しいなぁ…
税金で買われた品に私財まで…ってこと?

それはともかく、自衛隊の装備や道具はカッコ良くて、そこまでファンじゃないのに欲しいなと思う物もある。それがレプリカでなく本物となれば、マニア垂涎だろう。
【編集しました】自衛隊初となった不用物品の #せり売り を藤田直央編集委員が現地で取材。海自の練習艦「やまゆき」の表札を落札したのは元乗組員でした。会場の様子とともに、オークションを実施した背景を読み解いています。