新着Pick
601Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
基本的には個人向けリースの枠組みなので、それ単体で明確な差別化は難しく、マーケティングと周辺サービス(例えばコスモのマイカーリースではガソリンの割引やGSでの申し込みサポートなどが受けられる)の勝負になるのかと思います。

ただトヨタさんが上手だなと思うのは、KINTOを通してトヨタがモビリティサービス企業へシフトしていくブランディングを積極的に行っており、事業単体で考えているわけではなさそうな点です。

CMの出稿量などをみると年間数十億は突っ込んでると思いますが、株主にリース会社も入っており、オペレーションさえ構築してしまえばコストコントロールはしやすいはずなので、トヨタならではの上手いやり方だなと思います。
KINTOの本質は個人リースである。解約の自由度が高くサブスク的要素も含んでいる。損得論では中立的だろう。一般的にリースの方が月額負担は高いもの。
消費者は新しい買い方、新しいディーラーとメーカーとの関係が得られる。新車保有から解放された新しいエクスペリエンスが得られる。米国では30%が個人リース。日本も将来は20%ぐらいまで成長する可能性もあるだろう。
トヨタのKINTOについて、カーリース含めた類似サービスの中では競争力があるものの、まだまだ苦戦とのこと
個人的にはトヨタ全体の戦略としてはサブスクを赤字だろうと全力で振りにいくのは良い戦略と思います
トヨタにとって怖いのは、市場が一気にサブスクにながれ、そこで力もをつメガベンチャーがあらわれ、業界の構造変化が起こること。で、あれば自ら「車を買わないのがあり」と本業カニバリ上等で全力でこの市場を取りに行くことで、全力でやってもこの程度のニーズ、という市場の情報や、競合の取り組みの情報がどこより早く正確に入るし、より重要なのはトヨタが大赤字でこの事業をやることで新規参入の意欲をそぐ効果もありそうで、戦略としては素晴らしいと思って見ています
ただ、一般の人には「サブスクリプション」という言葉は馴染みがない中で、CMで使うのはどうかと思って見ています
サブスク契約の期間にどれだけクルマを使い倒せるのか。ここが定額制のキモです。個人向けリースの良い点悪い点はすでに何度もお話しした通りです。ご自分のライフスタイルに合わせて購入か個人向けリースか、タイムシェアかを選べば良いと思います。コストだけ見るなら期中の支払い総額をしっかり確認しましょう。
なお、KINTO導入の狙いは、それ自体の拡販に加えて個人ユーザーの囲い込みに狙いがあることは周知の通りです。販社の基盤収益確保ですね。
KINTOは「サブスク」を謳っていますが、ちょっと喩えに無理があると思います。

消費者がサブスクを選ぶ理由は、利用に応じて支払うモノやサービスをお金を気にせず使えること。音楽や動画が典型ですよね。

一方、車は購入がデフォルト。そもそも利用毎の負担は少ない。KINTOにサブスクの魅力を感じるとすれば、こうした記事が要らないくらい圧倒的に安いか、あるいは、レンタカーのヘビーユーザー、ということになると思われます…

喩えとしては、むしろ、自宅の所有に対する賃貸が適切では… だとすると、乗り換えを自由にするなど、もっと契約を柔軟にすれば、「むしろアリ」かもしれません。
KINTOは基本的に個人向けリースです。

ただし、他のリースとの最大の違いは、解約要件が細かく設定されており、途中解約可能である事。コレが1番デカい。

https://newspicks.com/news/4845453/

通常のリースは途中解約は残金一括精算(解約しようがしまいがリース期間の費用を全て支払う必要がある)なので事実上不可能です。

そこですよ。
筆者は理解してるのかな?

〈追記〉
念の為補足

KINTOのミソは、6か月リースを契約期間内自動更新と言うカタチを取ってる所。ただし6か月リースだと月額支払が非常に高くなるので、そこは期間内契約継続(3年や5年など)を条件にした月額支払を設定してる。

なので、途中解約は6か月リースの残金とタイミングによる解約金を支払えば可能である事。
また、所有者死亡や海外転勤、免許返上の場合は解約金免除される事。

https://kinto-jp.com/kinto_one/midterm_cancellation/
ホントにサブスクなら色んなクルマを乗り換えて月額いくら...みたいにしたいんでしょうが、だいたいそんなことやりたい人はいません。その都度車庫証明取り直しになりますし。

結果的にはKintoのような個人リースになります。他社も同じです。
トクか損かは個人の考え方による。
お金だけで言えば、値落ちしにくいクルマを買って、買い替え時に高く売ればいいんでしょうね。

それからKintoがいいのは若い方が初めて買うときの保険がかなり安いことです。
どうしても新車の販売台数が社としての市場命題にあるため、そこが前提条件になったサブスクっぽいサービスに見えてしまいますね。
顧客視点で価値の高い思いきった事業をやれるか、まさにイノベーションのジレンマな話。
我が家では毎月定額を車代として積み立てをしており、車の購入代だけでなく、車検、修理費(保険料は含まない)をそこから拠出し、買い替え時に購入する車種もその口座の残高を参考にして決めていますが、ハリアーの残価設定ローンとKINTOの料金を見ているとあながちその金額が間違いではなかったなと思いました。
今の料金設定だと明確に買うより得だ、といい切れないので厳しい。残価設定ローンと比較している時点で新しいユーザーは取り込めないでしょう。
それくらいはトヨタもわかっているはず。狙いはなんだろうか?
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.6 兆円

業績