新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国経済の先行きが依然として不透明である一方で、連邦議会で追加経済対策の議論が進行しているだけに、FRBとしては次回のFOMCで、これらの要素を織り込んだ新たな経済見通しを作成した上で、追加緩和の判断を下すことになると思います。

一方で、今回のFOMCについて注目されるのは、記事が挙げている三番目の点、つまり金融政策の見直しの総仕上げです。これは中長期的な観点で重要であるだけでなく、9月のFOMCで追加緩和に踏み切る場合の具体的な手段の選択にも早速影響しうる点で、しっかり注目する必要があります。

これまでの議事要旨の内容を踏まえると、9月FOMCでの決定内容としては、政策金利に関するフォワードガイダンスの明確化と、資産買入れの「量的緩和」としての位置づけの明確化-つまり、長期ゾーンの買入れ強化と買入れペースの一定化-が有力な選択肢であるように見えます。