新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売るのもピークではない、まだマシ程度。しかし、買うのは下手。IBMからHDDなど。PMIでの失敗も多い。売るなら、NECや富士通も巧み、しかし、買うので失敗、最もたるのは、東芝。本体のWHや、その他。テックも下手。一番売るのがうまいのは、IBMかな。
もちろんM&A戦略として競争環境を煽って高く売ることは当然大事なんですが、ファンド向けに売却する場合、あまりに高値がつきすぎると、その価格を正当化するために、投資ファンド傘下での経営プレッシャーが必要以上にかかり、結果として買収対象となった企業の経営陣や従業員が苦しむ、というパターンもあるので悩ましいところ。日本はまだまだコーポレートカーブアウトの出物が少なく、他方ファンド等の買い手は多いので、売り手市場にあり、こうした価格の不均衡が起きている。fair priceでの買収が当たり前になるような市場の成熟を期待してやまない。
日本でもPEファンドがこの10年漸く日の目を見るようになってきましたが、ファンドの存在がオークションを活性化するばかりでなく、売り手側にも様々なノウハウを提供することにもなります。我々も2007年に日立ハウステック(住設機器)を買収しましたが、さすが日立の社員の方々は有能で、我々の経営ノウハウを十分生かしてくれました。リーマンショックを挟んでいたにもかかわらず、「家まるごと」戦略のヤマダ電機にお譲りし、順調に行っているようで嬉しいです。これがPEファンドの醍醐味です。
【M&A関連】
コア事業、ノンコア事業の整理が進み、適正価格であれば、売却が進むようになってきてる感は高まっている。
______
「かつては非中核の子会社の売却を提案しても、『全ての子会社が中核だ』と言う日本企業は少なくなかった。だが最近は、電機産業に多いコングロマリット(複合企業)ばかりか、時価総額数千億円規模の企業も事業売却に抵抗感がなくなってきた」(藤井氏)。
通常の商品であれば、買う事より売る方がずっと難しく、かつうまく売れれば付加価値がある事は容易に理解出来ると思うが、M&Aの場合は買う事にマスメディアも含めて注目が集まりがちだが、通常の商品と同じ様に売る方がずっと難しく、上手く売れれば付加価値がある。
日立の英国での鉄道事業の買収は好事例であり車両や保守業務の受注を目指して日本の強みの分野をアピールして欲しい。
海外勢としてはシーメンス、ボンバルディア、アルストムのビック3は常に統合を模索していて規模面で業界最大手の中国の中車に追いつく狙いがあると思われるが、日立などの日系企業は規模が必要な車両などのハードではなく、市場も大きい保守や運行業務に特化していく方向性になるのだろうか。
小さいながらも売る、買う、両方経験してきた身からすると売る相手が複数いる交渉と単独では全く違いますし、買うときはなるべくひっそりと買いたい。テーマ性のあるものを買うと釣り上げられるので自分たちしか欲しい人がいないときが1番。まあ、なんでもそうですね
日立という企業をファンド視点で見るとこうなるのか、という記事。実際にファンドの方のリアルなコメントも気にないる。
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
3.43 兆円

業績

武田薬品工業株式会社(たけだやくひんこうぎょう、英文:Takeda Pharmaceutical Company Limited.)は、大阪府大阪市中央区と東京都中央区に本社を置く日本の製薬会社である。タケダ、Takeda、武田薬品とも略称される。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.41 兆円

業績

オリンパス株式会社(英語: Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。 ウィキペディア
時価総額
2.71 兆円

業績