新着Pick
1869Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コンピュータの世界では、半導体の性能は18ヶ月ごとに2倍になるという「ムーアの法則」が有名ですが、実はこれと同じようなトレンドが生物をプログラミングする世界で進んでいます。つまりゲノムの「読み」「書き」「編集」のコストが、劇的に安くなっているのです。

とりわけ「読み」の部分のコストダウンは著しく、まもなく1人の全ゲノム情報のスキャンが100ドルを割り込むと言われています。(1990-2000年前半は、3000億円以上かかった)

そうした雰囲気にかつてのインターネット産業の匂いを感じて、シリコンバレーの大物たちが、こぞって合成生物学を中心としたスタートアップに投資をしています。21世紀のGAFAが生まれると予想されるこのフィールドについて、ゼロから分かる包括的なインタビューを、ぜひご一読ください。
合成生物学を産業的な側面から見た記事。投資家の目にどう映っているか、という点で興味深く読みました。

記事に登場するギンコ・バイオワークス、エディタス・メディスン、アミリスを取材で訪ねたことがあります。ギンコとアミリスではラボも案内してもらったのですが、どちらも実験工程がほぼすべてロボットで自動化されているのが印象的でした。

アミリスはマラリア特効薬の原料を酵母を使って産生する技術を開発したことで有名ですが、実際の製造は製薬メーカーに任せ、ブラジルに持つ大型の工場では、同じ技術を応用し、化粧品の保湿成分などの原料を生産しています。米国のラボでは、ブラジルの工場で使うための酵母の株、つまり最も効率よく必要な物質を産生する株を開発・選定しているのです。
オフィスのガラス棚には、アミリスの原料を使った日本のメーカーの製品も複数陳列されていました。

合成生物学的な工場の最大の課題はコストです。アミリスはジェット燃料も開発していて、取材した2017年当時、すでに高品質な燃料を算出する技術があったものの、石油燃料との価格競争で負けてしまうので市場に出せない、と聞きました。ただし、記事にもあるように、DNAの合成コストは下がりつつあるので、将来的には開発コストも下がっていくのでしょう。

すでに産業化が始まっている一方、学問としての合成生物学の目的は別のところにあります。従来の生物学に工学的な発想を持ち込むことで、生命システムの根源的な仕組みを解き明かすというのがその目的です。そのプレーヤーには、生命維持に最小限必要なDNAを一から構築し、そのDNAを持つ自然界にない微生物「ミニマル・セル」を作った、米国のクレイグ・ベンターもいます。

とても魅力的な分野ですが、生命の改変には常に、倫理的な課題や新たなリスクが伴います。学問も産業も、そこの議論やルール作りを抜きにしては、社会の理解を得られなくなったり、自然環境や人類に思わぬ害を及ぼしてしまったりする可能性があると考えています。

※昨年、ベンターやミニマル・セルについて寄稿した記事はこちら↓
https://newspicks.com/news/4146935/body/?ref=search_100461
バイオテクノロジーは、化石燃料由来のあらゆる素材を代替し、デジタル技術同様、様々な分野をつなぐ次世代の基盤技術に発展する可能性があります。

バイオテクノロジーは、デジタル技術との融合により、健康・医療、工業、エネルギー、食品農業に至るまで、大きなパラダイムシフトを起こす可能性があります。

バイオテクノロジーにより、これまで解決することが難しかった社会課題を解決できるかもしれず、その無限の可能性にワクワクします。
とても面白い特集でした。
この分野もAIや量子コンピュータなど他のあらゆるテクノロジー分野同様に、昔から盛り上がっては沈み、というのを何度も繰り返して来たものです。なぜ今また盛り上がっているかというと、第一に過剰流動性、金余り、第二にAI含めたコンピューティング性能の飛躍的発展でしょう。

前者カネ余りについては、これはテクノロジーの飛躍的進化に一役買う面と、関係者の経営ディシプリンを低下させ不要な非効率や混乱を生じるという功罪が昔から知られていますが、本稿はその光のほうに焦点を当てられているという言い方もできると思います。
GAFAやゲイツ、ティールらネット大立者がこぞって投資をしているとありますが、彼らは同じく宇宙にも環境にも新素材にも投資しているわけです。テックが覇者という現代において彼らの手に唸るほど余っている金が有望フロンティア分野の全てに注がれている、というわけです。

後者のテクノロジー発展については、合成生物学とは乱暴に言えばコンピューティング+生物学というそもそも分野にて当然ではありますが、従来生物学系に強い東海岸とコンピューティングに強い西、というすみ分けにおいてこの分野が西で勃興しつつあるのはコンピューティング能力の圧倒的向上の証左でもあろうと思いますし、上記の通り金の出し手がコンピューティング産業で財を成した者たち、という面もあろうと思います。
インターネット産業が立ち上がるときの、あの爆発と似ている・・・。
今回、合成生物学の取材をする中で、何度もこうした声を聞きました。なぜなのか。この業界をどう理解したらよいのか。VCのセスさんが、最も分かりやすく、包括的に解説してくれました。
似ている部分もあれば、似ていない部分もあると思う。
一番の違いは、規制や倫理の議論が、ソフト・ネットは後で来る(普及して課題が顕在化して議論になる)のに対して、バイオは先に来る(そもそもそこを議論して規制整備やコンセンサス形成や一定の解消が必要)という点だと思う。
規制の議論が先に来ると、その時間軸や結論で事業が左右されるので、ネットほどには参入しやすくなく、またそれもあって進化の形態もネットとは違うものになるのではないかと思う。
実際、スタートアップと大企業の関係についても過去20~30年間を考えると、バイオは大企業による買収が多く、ブロックバスター不在の中でバイオベンチャーが創薬したものが主要製品となることが多い。一方でソフト・ネットは買収も多いが、Amazon・Google・Facebookと30年前にはいなかったスタートアップが時価総額の大きい領域で大部分を占めている。
バイオベンチャーはこれまでほとんどが創薬ベンチャーでしたが、最近は創薬分野以外にも肥料や人工肉や合成チーズなど応用範囲が多岐に渡ってきているのも特徴的。想像力次第で夢が広がる分野です。
面白い領域だな〜^^ ゲノム編集は間違いなく次のビッグウェーブですね!今回のコロナのワクチンでもモデルナやバイオンテックのmRNAが成果を出しかけてるし。遠く感じてたバイオテックが普通のネットサービスみたいに感じれる。XR、ブロックチェーン、AIにバイオテック。色んなチャンスだらけで起業家にとっては堪んないワクワクする時代だ〜!

https://newspicks.com/news/5097821/
DNAの書き換え、組み替えで突然、新型コロナのようなものが生まれる恐れはないのでしょうか。そういう恐れがある反面、難病治療に対する期待もあります。
ビットからアトムへ,つまり情報から物質へという流れに沿ったパラダイムシフトなのでしょうね.20世紀後半にビット化が進んでGAFAに至ったように,生物も可変な情報でしかないことが分かった.21世紀はビットからアトムの創造が起こる.魔法ともいえる.そのとき,GAFAのように独占的なビジネスが成り立つのだろうか.フリーのオープンソースが主流になりそうである.生物,非生物の境界も無くなるかも.ATCGの遺伝子である必要はないし,カーボンではなく,シリコンでできた生物も生まれるかも.
ちょっと,妄想が過ぎた.